発送休業日とはなんですか?

No:1970

  • ビジネスプラン+エキスパートプラン
  • スタンダードプラン
  • ベーシックプラン

最終更新日: 2019/09/04

ネットショップでの発送業務が行えない日の指定となります。

発送休業日が注文日と配送希望日の間にある状態ですと、配送希望日の指定可能日が発送休業日数分ずれるような仕様となっております。

受注後3日〜10日の配送希望日指定を可能とした際の具体的な例を以下に示します。

  • 注文日から3日間に発送休業日が含まれない場合
    注文日より3日以降の配送希望日指定となります。
    1970-1
  • 注文日から3日間に発送休業日が1日含まれる場
    注文日より4日以降の配送希望日指定となります。
    1970-2
  • 注文日から3日間に発送休業日が2日含まれる場
    注文日より5日以降の配送希望日指定となります。
    1970-3

発送休業日に関する補足

「宅配便基本設定」>「配送希望日指定」の欄で、指摘可能期間が設定できますが、「受注後○日~□日」の前方の○日のほうが商品が到着するまでに要する最短期間となります。

e-shopsカートSでは、配送については発送の翌日に完了することを前提としていますのでネットショップで発送準備に要する最短期間は、「受注日を含む○日」になりますが、その期間内に発送休業日が存在した場合には、その日は発送準備を行うことができませんので発送準備期間として数えないというのが発送休業日の目的です。

(発送休業日を適用するのは、最短の発送準備期間に発送休業日が含まれていた場合だけです。その後については、宅配事業者の「配達指定日」を活用できますので発送休業日は適用されません。)

定期購入データから自動生成される注文データは、定期購入設定による指定に従って配送予定日のX日前に受注一覧に反映されます。
発送休業日設定はそちらに影響を与えませんのでご注意下さい。