1. Top
  2. 機能一覧
  3. 買い物カゴ
  4. 支払と配送選択

配送指定可能日を正確に表示

より正確な配送日を提示できます!

e-shopsカート2では、より正確に配送指定可能日を表示できるように、ショップ様の生の声を反映させました。
「梱包や宅配便の集荷の事情で、受注した時間帯によっては配送可能日が変わってしまう」
「定休日は発送業務が行えないので定休日の前日の受注の場合には配送可能日が変わってしまう」
この2つのご意見に対応したのが以下の2つの機能です。

まずは、
14日間無料試用を下記ボタンより、お気軽にお申し込みください!

お申込み

パソコン・携帯のカゴ画面をデモで確認できます。

デモページへ

受注時間帯で配送指定日をずらす

宅配便で商品を配送する場合には、購入者様に配送日を指定していただくケースが多いかと思います。例えば、受注日に即日発送を売りにしているショップ様なら、カゴ画面で「配送指定日は受注日の翌日以降」という形で購入者様に指定いただくことになるかと思います。この場合、『受注日の正午までの受注は即日発送できるけど、正午以降の受注の発送は翌日になるので、配送日は翌々日以降にしたい』というような要望をよく頂戴します。

e-shopsカート2なら、「配送日は受注日から○日以降を指定可能にする」という設定だけでなく、「○時以降の受注は、配送指定可能日を1日ずらす」という設定ができるので、はじめから正確に配送日を指定していただけます。

e-shopsカート2管理画面 : 基本設定 > 宅配便・送料計算 > 宅配便基本設定 宅配便設定

定休日を発送準備期間から除外する

配送指定可能日の設定を『受注日の正午までの受注は即日発送して、正午以降の受注は翌日発送にする』としているショップ様が『土・日定休』だった場合、例えば金曜日の夕方の受注は翌日以降発送可能として、日曜日以降が配送指定可能日してカゴ画面に表示されてしまいます。しかし、実際は土曜日は発送業務を行うことができません。

そこで、e-shopsカート2では「あらかじめ設定された日付け(発送休業日)は、発送準備期間から除外して、配送指定可能日を表示する」機能を実装いたしました。前述の例の場合では、「毎週土・日を発送準備期間から除外する」ように設定しておけば、金曜日の夕方の受注の場合でも、カゴ画面での配送指定可能日は「月曜日以降」が表示される、という具合になります。

発送休業日は、「曜日(毎週)」と「日付け(毎年)」で設定できます。

e-shopsカート2管理画面 : コンテンツ > 配送休業日 配送休業日

関連リンク

  • 次へ
  1. Top
  2. 機能一覧
  3. 買い物カゴ
  4. 支払と配送選択

↑このページのトップへ