注文番号設定

注文番号は初期状態の場合"1"から採番開始し、受注ごとに1がプラスされていきます。
初期状態の受注番号とは異なる採番ルールを指定する方法を以下に案内いたします。

注文番号が表示される箇所
管理画面(受注管理各所、顧客明細の履歴)、購入手続き完了画面、
各メール(自動返信メール、注文確認メール、配送通知メール)

設定可能な採番ルール

  1. 「任意の注文番号」を設定(順次採番の番号表示桁数と初期値を指定)
  2. 「文字列」と「任意の注文番号」で設定(指定文字列と順次採番の番号表示桁数と初期値を指定)
  3. 「日付」と「任意の注文番号」で設定(日付と順次採番の番号表示桁数と初期値を指定)

設定方法

1.受注管理注文番号設定をクリックします。

→注文番号設定画面が表示されます。

2.利用設定を指定します。

注文番号の採番ルールの選択します。

システム番号を利用する
初期状態の採番ルール(1より順次採番)で注文番号が採番されます。
任意の注文番号を利用する
ショップ様で指定する採番ルールで注文番号が採番されます。
→選択すると任意注文番号の指定フォームが表示されます。

3.任意の注文番号の採番ルールを指定します。

項目

以下の3つから選択します。

  1. 「任意の注文番号」を設定する
    (順次採番の番号表示桁数と初期値を指定する)
  2. 「文字列」と「任意の注文番号」で設定する
    (指定文字列と順次採番の番号表示桁数と初期値を指定する)
  3. 「日付」と「任意の注文番号」で設定する
    (日付と順次採番の番号表示桁数と初期値を指定する)
文字列

上記項目にて2を選択した場合、指定文字列を入力します。 半角10文字以内(英数-_/のみ入力可)

上記項目にて3を選択した場合、日付と番号の間にハイフンを入れるか指定します。

任意番号
変更する
採番の初期値(次回の番号はこの値に+1されたものになります)を変更する場合にチェックします。
入力欄
採番の初期値を入力します。桁数以内で整数値を入力ください。
桁数
順次採番部分の任意桁数を5(推奨)~10から選択します。

設定済みの任意番号を修正・変更する場合、設定済み情報は初期値ではなく、設定後にカウントアップされた最新情報が表示されます。仮に最初の設定を「1」とし、設定後30件の受注が発生するとカウントアップされ「31」となりますが、修正・変更の場合には「31以降の数値を設定することが可能ですので、注文番号が重複しないようにご注意ください。

順次採番され、数値が最大となった場合にはリセットされ、次の受注には"1"が表示されます。

各設定パターンのご注意事項
「任意の注文番号」

「注文番号」については入力値を「1」、桁数を「5」とした場合には「00001」と表示されます。

例:「1」と入力した場合⇒「1,2,3,4…」とカウントします。
 「100」と入力した場合⇒「100,101,102…」とカウントします。

「推奨値」以上の桁数をご利用された場合には、受注一覧・受注詳細などの管理画面のデザインが崩れる場合がございます。

「文字列」と「任意の注文番号」

「文字列」については入力された情報が固定で表示されます。

例:「order」と入力した場合、必ず注文番号の頭に「order」が付加されます。「文字列」のフォームに入力した数字は、カウントされませんのでご注意ください。

「推奨値」以上の桁数をご利用された場合には、受注一覧・受注詳細などの管理画面のデザインが崩れる場合がございます。

「日付」と「任意の注文番号」

日付は「YYYYMMDD」にて固定となり、表示形式を変更する事はできません。

「推奨値」以上の桁数をご利用された場合には、受注一覧・受注詳細などの管理画面のデザインが崩れる場合がございます。

4.「設定する」ボタンをクリックします。

→「注文番号を設定します。よろしいですか?(変更後の受注から反映されます。)」というダイアログが表示されます。

5.「OK」ボタンをクリックします。

→「設定処理を完了しました。」と表示され、設定が完了となります。
(次回以降の受注から注文番号設定が反映されますが、既に受注一覧、受注完了一覧、キャンセル一覧に掲載されている受注には適用されません。)

受注一覧や受注明細では、設定された「注文番号」とカッコ内にシステム側で採番された「注文ID」が表示されます。

連動決済サービスなどで利用される場合については、決済サービス側での仕様に制限があるため「注文ID」が利用されます。

送り状データCSVファイルにおいても「注文ID」にて出力されます。