商品一括変更(csv)

CSV ファイルのデータを元に商品情報の変更を行う機能です。一度の作業で複数商品の情報変更ができます。

一括登録で行えなかった属性単位在庫管理の情報や CMS 設定情報も変更出来ます。

商品情報の一括変更は3種類に分かれています。変更する情報によって、以下のように分かれています。

上から順に案内いたします。

商品情報

CSVファイルでの商品情報の一括変更方法を3STEPで案内いたします。

商品情報変更CSV 操作手順表
STEP1 変更用の CSV ファイルをダウンロードします。
STEP2 変更用の CSV ファイルを作成します。
STEP3 変更用の CSV ファイルをアップロードします。 結果を確認します。

STEP1

変更用 CSV ファイルを管理画面よりダウンロードします。

1.商品登録商品CSV変更をクリックします。

→商品CSV変更画面が表示されます。

2.出力フォーマットを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→全登録商品のデータファイルがウンロードされます。

STEP1絞込ダウンロードの方法

 条件にあった商品情報のみCSVでダウンロードする場合方法を案内いたします。

2-1.STEP1箇所の「ダウンロード条件を指定する」をクリックします。

→ダウンロードする商品を絞り込むフォームが表示されます。

2-2.商品情報をダウンロードしたい表示商品の左端(選択欄)にチェックを入れ、出力フォーマットをしてし、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

上記フォームにて表示商品を絞り込むことができます。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→チェックした商品の情報がCSVファイルでダウンロードされます。

STEP2

ダウンロードした csv を編集します。

項目内に半角カンマ(,)やダブルクォーテーション(")、改行が含まれる場合は、項目自体を必ずダブルクォーテーション(")で囲みます。また、上述の文字列が含まれない場合に項目自体をダブルクォーテーション(")で囲っても登録時に問題はありません。

なお、ダウンロードした csv ファイルのヘッダーでは初期状態では全ての項目が(")で囲まれていますが、表計算ソフトでの保存時に削除されることもあります。

CSVファイルの記述ルールは、変更用CSVファイルの書式説明をご覧ください。

商品一括変更CSVルールの確認箇所

ファイルの作成後は csv ファイル(拡張子は「.csv」)にて保存ください。

  • CSVファイルが2MBを超える場合には、STEP3で登録が行えません。ファイルを分割するなどして、ファイルサイズが2MB以下となるよう配慮ください。
  • 商品CSV操作では「18.在庫あり属性名1」~「23.在庫あり属性値3」の増加・削減は行えません。(「18.在庫あり属性名1」~「23.在庫あり属性値3」の増加・削減は、管理画面の商品詳細にて商品毎に変更下さい。)
  • ダウンロードしたcsvファイルは必ずバックアップとして保存してください。(意図せぬ変更を実行してしまった場合に、バックアップから元の状態に戻すことができます。)
  • エクセルなど表計算ソフトでの、CSVファイル編集はご注意下さい。並べ替えや自動整形の影響により、意図しない情報で上書きされることが有ります。

STEP3

変更用の CSV ファイルをアップロードします。

1.「ファイルを選択」をクリックし、STEP2で保存したファイルを指定してください。

 →ファイル名が表示されます。

2.各項目を指定し、「変更用 CSV ファイルのアップロード」をクリックします。

文字コード
入力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
入力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。
一行目にヘッダーを含む
csvファイルの1行目に項目名がある場合にチェックします。

→「処理中」画面が表示されます。

3.「再読み込み」をクリックし、表示を更新します。

→登録が完了します。

エラーが表示された場合は、表示内容をご参考にCSVファイルを修正ください。

  • シンクロカゴ機能をご利用中のショップ様は、変更用CSVファイルのアップロード完了後に「商品管理」>「商品一覧」>「カゴ」>「PCカゴ(シンクロ)」タブをクリックしてください。
  • シンクロカゴ表示の一時情報がクリアされ、変更後の情報がシンクロカゴ部分に表示されます。ご操作を行われなかった場合、以前の商品情報が引き続き表示されてしまいますので、商品CSV操作(変更)後は、必ず上記ご操作をお願いいたします。

属性別在庫情報

CSVファイルでの属性別在庫情報の一括変更方法を3STEPで案内いたします。

属性別在庫情報変更CSV 操作手順表
STEP1 属性別情報変更用の CSV ファイルをダウンロードします。
STEP2 属性別情報変更用の CSV ファイルを作成します。
STEP3 属性別情報変更用の CSV ファイルをアップロードします。 結果を確認します。

STEP1

変更用 CSV ファイルを管理画面よりダウンロードします。

1.商品登録商品CSV変更属性別在庫変更をクリックします。

→商品CSV変更(属性別在庫変更)画面が表示されます。

2.出力フォーマットを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→全属性別在庫管理情報のファイルがダウンロードされます。

属性別在庫管理情報は、属性別在庫管理商品に付帯する情報です。

通常在庫管理や在庫管理しない商品の情報には付帯しません。

 STEP1絞込ダウンロードの方法

 条件にあった属性別在庫情報のみCSVでダウンロードする場合方法を案内いたします。

2-1.STEP1箇所の「ダウンロード条件を指定する」をクリックします。

→ダウンロードする商品を絞り込むフォームが表示されます。

2-2.属性別在庫情報をダウンロードしたい表示商品の左端(選択欄)にチェックを入れ、出力フォーマットをしてし、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

上記フォームにて表示商品を絞り込むことができます。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→チェックした商品の情報がCSVファイルでダウンロードされます。

STEP2

ダウンロードした csv を編集します。

項目内に半角カンマ(,)やダブルクォーテーション(")、改行が含まれる場合は、項目自体を必ずダブルクォーテーション(")で囲みます。また、上述の文字列が含まれない場合に項目自体をダブルクォーテーション(")で囲っても登録時に問題はありません。

なお、ダウンロードした csv ファイルのヘッダーでは初期状態では全ての項目が(")で囲まれていますが、表計算ソフトでの保存時に削除されることもあります。

属性別在庫CSVファイルの記述ルールは、属性別在庫CSVファイルの書式説明をご覧ください。

属性別在庫用CSVファイルの記述ルール確認箇所

ファイルの作成後は csv ファイル(拡張子は「.csv」)にて保存ください。

  • CSVファイルが2MBを超える場合には、STEP3で登録が行えません。ファイルを分割するなどして、ファイルサイズが2MB以下となるよう配慮ください。
  • ダウンロードしたcsvファイルは必ずバックアップとして保存してください。(意図せぬ変更を実行してしまった場合に、バックアップから元の状態に戻すことができます。)
  • エクセルなど表計算ソフトでの、CSVファイル編集はご注意下さい。並べ替えや自動整形の影響により、意図しない情報で上書きされることが有ります。

STEP3

変更用の CSV ファイルをアップロードします。

1.「ファイルを選択」をクリックし、STEP2で保存したファイルを指定してください。

 →ファイル名が表示されます。

2.各項目を指定し、「属性別在庫用 CSV ファイルのアップロード」をクリックします。

文字コード
入力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
入力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。
一行目にヘッダーを含む
csvファイルの1行目に項目名がある場合にチェックします。

→「処理中」画面が表示されます。

3.「再読み込み」をクリックし、表示を更新します。

→登録が完了します。

エラーが表示された場合は、表示内容をご参考にCSVファイルを修正ください。

CMS情報

CSVファイルでのCMSの情報の一括変更方法を3STEPで案内いたします。

CMS設定情報の変更は、ページ自動生成機能を使用している場合のみご利用可能です。レンタルカート機能のみを使用される場合はご利用不可(変更不要)となります。

CMS情報変更CSV 操作手順表
STEP1 CMS設定用の CSV ファイルをダウンロードします。
STEP2 CMS設定用の CSV ファイルを作成します。
STEP3 CMS設定用の CSV ファイルをアップロードします。 結果を確認します。

STEP1

CMS設定用 CSV ファイルを管理画面よりダウンロードします。

1.商品登録商品CSV変更CMS設定変更をクリックします。

→商品CSV変更(CMS設定変更)画面が表示されます。

2.出力フォーマットを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→全商品のCMS設定情報のファイルがダウンロードされます。

STEP1絞込ダウンロードの方法

条件にあったCMS設定情報のみCSVでダウンロードする場合方法を案内いたします。

2-1.STEP1箇所の「ダウンロード条件を指定する」をクリックします。

→ダウンロードする商品を絞り込むフォームが表示されます。

2-2.CMS設定情報をダウンロードしたい表示商品の左端(選択欄)にチェックを入れ、出力フォーマットをしてし、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

上記フォームにて表示商品を絞り込むことができます。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→チェックした商品の情報がCSVファイルでダウンロードされます。

STEP2

ダウンロードした csv を編集します。

項目内に半角カンマ(,)やダブルクォーテーション(")、改行が含まれる場合は、項目自体を必ずダブルクォーテーション(")で囲みます。また、上述の文字列が含まれない場合に項目自体をダブルクォーテーション(")で囲っても登録時に問題はありません。

なお、ダウンロードした csv ファイルのヘッダーでは初期状態では全ての項目が(")で囲まれていますが、表計算ソフトでの保存時に削除されることもあります。

CMS設定用CSVファイルの記述ルールは、CMS設定用CSVファイルの書式説明をご覧ください。

CMS設定用CSVファイルの記述ルール確認箇所

ファイルの作成後は csv ファイル(拡張子は「.csv」)にて保存ください。

  • CSVファイルが2MBを超える場合には、STEP3で登録が行えません。ファイルを分割するなどして、ファイルサイズが2MB以下となるよう配慮ください。
  • ダウンロードしたcsvファイルは必ずバックアップとして保存してください。(意図せぬ変更を実行してしまった場合に、バックアップから元の状態に戻すことができます。)
  • エクセルなど表計算ソフトでの、CSVファイル編集はご注意下さい。並べ替えや自動整形の影響により、意図しない情報で上書きされることが有ります。

STEP3

変更用の CSV ファイルをアップロードします。

1.「ファイルを選択」をクリックし、STEP2で保存したファイルを指定してください。

 →ファイル名が表示されます。

2.各項目を指定し、「CMS設定 CSV ファイルのアップロード」をクリックします。

文字コード
入力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
入力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。
一行目にヘッダーを含む
csvファイルの1行目に項目名がある場合にチェックします。

→「処理中」画面が表示されます。

3.「再読み込み」をクリックし、表示を更新します。

→登録が完了します。

エラーが表示された場合は、表示内容をご参考にCSVファイルを修正ください。

価格情報

CSVファイルでの商品価格情報の一括変更方法を3STEPで案内いたします。

商品の売価・会員価格・定価のみ変更する機能です。その他情報の変更は行えません。

価格情報変更CSV 操作手順表
STEP1 価格変更用の CSV ファイルをダウンロードします。
STEP2 価格変更用の CSV ファイルを作成します。
STEP3 価格変更用の CSV ファイルをアップロードします。 結果を確認します。

STEP1

価格変更用 CSV ファイルを管理画面よりダウンロードします。

1.商品登録商品CSV変更価格変更変更をクリックします。

→商品CSV変更(価格変更変更)画面が表示されます。

2.出力フォーマットを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→全商品の価格変更情報のファイルがダウンロードされます。

STEP1絞込ダウンロードの方法

条件にあった価格変更情報のみCSVでダウンロードする場合方法を案内いたします。

2-1.STEP1箇所の「ダウンロード条件を指定する」をクリックします。

→ダウンロードする商品を絞り込むフォームが表示されます。

2-2.価格変更情報をダウンロードしたい表示商品の左端(選択欄)にチェックを入れ、出力フォーマットをしてし、「ダウンロード」ボタンをクリックします。

上記フォームにて表示商品を絞り込むことができます。

文字コード
出力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
出力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。

→チェックした商品の情報がCSVファイルでダウンロードされます。

STEP2

ダウンロードした csv を編集します。

項目内に半角カンマ(,)やダブルクォーテーション(")、改行が含まれる場合は、項目自体を必ずダブルクォーテーション(")で囲みます。また、上述の文字列が含まれない場合に項目自体をダブルクォーテーション(")で囲っても登録時に問題はありません。

なお、ダウンロードした csv ファイルのヘッダーでは初期状態では全ての項目が(")で囲まれていますが、表計算ソフトでの保存時に削除されることもあります。

価格変更用CSVファイルの記述ルールは、価格変更用CSVファイルの書式説明をご覧ください。

ファイルの作成後は csv ファイル(拡張子は「.csv」)にて保存ください。

CSVファイルが2MBを超える場合には、STEP3で登録が行えません。ファイルを分割するなどして、ファイルサイズが2MB以下となるよう配慮ください。

STEP3

変更用の CSV ファイルをアップロードします。

1.「ファイルを選択」をクリックし、STEP2で保存したファイルを指定してください。

 →ファイル名が表示されます。

2.各項目を指定し、「価格変更 CSV ファイルのアップロード」をクリックします。

文字コード
入力ファイルの文字コードをSJIS、EUC_JP、UTF-8から選択ください。
改行コード
入力ファイルの改行コードをCR+LF、CR、LFから選択ください。
一行目にヘッダーを含む
csvファイルの1行目に項目名がある場合にチェックします。

→「処理中」画面が表示されます。

3.「再読み込み」をクリックし、表示を更新します。

→登録が完了します。

エラーが表示された場合は、表示内容をご参考にCSVファイルを修正ください。

  • シンクロカゴ機能をご利用中のショップ様は、変更用CSVファイルのアップロード完了後に「商品管理」>「商品一覧」>「カゴ」>「PCカゴ(シンクロ)」タブをクリックしてください。
  • シンクロカゴ表示の一時情報がクリアされ、変更後の情報がシンクロカゴ部分に表示されます。ご操作を行われなかった場合、以前の商品情報が引き続き表示されてしまいますので、商品CSV操作(価格変更)後は、必ず上記ご操作をお願いいたします。