グローバルサイトタグ(gtag.js)でのクロスドメイントラッキングの設定方法を解説!

こんにちは、お久しぶりのワニタでございます。

GoogleがUniversalAnalyticsではなく、グローバルサイトタグを初期状態で提供するようになったことから、

今回は『gtag.jsにおけるクロスドメイントラッキングの設定方法』を解説致します!

【※ご注意】e-shopsカートSではタグマネージャーには非対応です。

おさらい:クロスドメイントラッキングとは?

クロスドメインとは1つのWebサイトの中で、ドメインが2つ以上にまたがっている状態です。

例:ネットショップのドメインが「abc.com」なのに、カートのみ別ドメインのASPサービス(e-shopsカートSも該当)が「def.jp」のため、カゴに商品を入れた瞬間にドメインが変わるケース

↑のような状況って意外に多いと思いますが、クロスドメイントラッキングができていないと、本来は自然検索から来たにもかかわらずドメインをまたぐ際にセッションが切れるため、参照元が「abc.com」になってしまう・・・なんてことになってしまいます。

こうなると、正確に計測出来ない状況に陥ってしまいますので、このような事態を防ぐための「クロスドメイントラッキング」の設定が必要となります。

今回の目次

gtag.jsのクロスドメインのトラッキングコードについて

クロスドメインの設定方法についてご説明していきます。

ワニタの主観ですが、作業してみて難しいことはありませんでしたよ~。

GoogleAnalyticsトラッキングタグの記述変更

GoogleAnalytics管理画面から取得したグローバル サイトタグ(gtag.js)のままでは、計測できないので、以下のようにご変更して下さい。(以下コードのコピー&ペーストは行わないで下さいネ。)

【※ご注意】e-shopsカートSでは以下のようにコメントアウトのご登録が必須です。

初期状態のタグ

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXX-XX”></script>
<script>
 window.dataLayer = window.dataLayer || [];
 function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
 gtag(‘js’, new Date());
 gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘);
</script>

上記のコード6行目

gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘);

の部分を、以下に書き換えます。

変更する部分

gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘, {
 ‘linker’: {
  ‘domains’: [‘ショップドメイン‘, ‘ec-sites.jp‘]
 }
});

UA-XXXXXXXX-XXはご自身のトラッキングID、ショップドメインにはクロスドメイン対象のドメインに置き換えてください。

参照元の除外

過去のブログ≪UniversalAnalytics対応について≫でもご案内させていただいたことがございますが、画面のデザインが一部変わっていたり、おさらいも兼ねて、改めてご説明します。

【※ワニタ環境での事例となります。】

クロスドメインの対象となるドメインを参照元除外URLとして設定します。

除外するURL:app.ec-sites.jp cart.ec-sites.jp

アナリティクスの設定にて、対象のプロパティのトラッキング情報→参照元除外リストをクリックします。タグの記述を変えただけでは、参照元に別ドメインの自分のサイトのドメインが出てきてしまいますが、参照元除外設定を行う事で、「ユーザーがどこから来たか」を正しく計測できます。

管理>プロパティ>トラッキング情報>参照元除外リストにて、先ほどの2ドメインの除外設定を追加します。

フィルタの追加

フィルタの作成を行なうことで、アナリティクスのレポートの表示やカウントを以下のように識別することができます。

例:「/index.html」 → 「https://abc.com/index.html」

以下の画像をご参考として下さい。

「フィルタを追加」をクリックします。

フィルタ名を入力し、「フィルタの種類」は「カスタム」を選択します。

「詳細」を選択し、以下のように入力します。

フィールドA -> 引用A 選択肢:ホスト名  入力値:(.*)
フィールドB -> 引用B 選択肢:リクエストURl 入力値:(.*)
出力先 -> 構成 選択肢:リクエストURl 入力値:$A1$B1
フィールドAは必須 はい
フィールドBは必須 いいえ
出力フィールドをオーバーライド はい
大文字と小文字を区別 いいえ

特定URLでの計測の除外方法

クロスドメイン用のトラッキングコードをe−shopsカートSの管理画面に登録をすると、e-shopsカートS側で生成する全てのページがトラッキング対象となります。トラッキング対象となるページは以下の様なものがあります。

  • 購入手続き画面
  • マイページ
  • 在庫表ページ
  • レビューページ
  • 特定商取引法のページ

全ての情報をレポートで表示する場合には、必要ありませんが、レポートに含めたくないページなどがあれば以下のように設定します。

例:マイページをレポートから除外する場合

Analyticsの設定にて、以下をクリックします。

続いて「フィルタを追加」をクリックします。

以下画像のように設定します。

フィルタの種類→定義済み 除外
サブディレクトリへのトラフィック 前方が一致
サブディレクトリ PCデザイン
cart.ec-sites.jp/cart_step●/mypage/
(●部はショップ様毎に異なります。)
レスポンシブデザイン
cart.ec-sites.jp/sp_step●/mypage/
(●部はショップ様毎に異なります。)

以上を保存することで、マイページへのアクセスはレポートから除外されます。

e-commerceTrakingの対応について

アナリティクス設定で、「eコマースの設定」をクリックします。

e コマースの有効化を行ないます。下図のように「オン」を選択し「保存」をクリックします。

【※ご注意】e-shopsカートSでは拡張eコマースには非対応となります。

e-shopsカートS側の設定

グローバルサイト用のトラッキングコードを、管理画面「販売管理」>「Google Analytics 設定」にて入力することで、購入完了画面にて、グローバルサイトタグのeコマース用の情報が出力がされるようになっています。特別な作業はありません。

目標設定について

アナリティクス設定で、「目標」をクリックします。

「+新しい目標」をクリックします。

「カスタム」を選択し、「続行」をクリックします。

わかりやすく名前を「購入完了」などとし、「到達ページ」を選択+「続行」をクリックします。

以下の図の様に入力し、「保存」をクリックします。

▼ゼロステップカートの場合

目標到達ページや目標到達プロセスには以下を入力します。(e-shopsカートSのゼロステップカートの場合)

目標の詳細>到達ページ の設定

e-shopsカートSの注文完了画面URLを入力します。

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。)
先頭が一致 cart.ec-sites.jp/sp_stepXX/sp-pc/pk04/es_shop_id/XXX/

目標の詳細>目標到達プロセス の設定

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。) 名前の入力
ステップ1 cart.ec-sites.jp/sp_stepXX/static/cart2/es_shop_id/XXX/ 購入者情報入力画面

▼3ステップカートの場合

目標到達プロセスには以下を入力します。(e-shopsカートSの3ステップカートの場合)

目標の詳細>到達ページ の設定

e-shopsカートSの注文完了画面URLを入力します。

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。)
先頭が一致 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc4/pk04/es_shop_id/XXX/

目標の詳細>目標到達プロセス の設定

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。) 名前の入力
ステップ1 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc/kago/es_shop_id/XXX/ カゴの中身画面
ステップ2 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc1/pk01/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP1
ステップ3 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc2/pk02/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP2
ステップ4 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc3/pk03/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP3

以上でクロスドメイントラッキングの設定は完了です。ご参考となれば幸いです♪

カテゴリー: GoogleAnalytics