ネットショップのためのGoogleAnalyticsクロスドメイン設定

追記:
このページの内容は、標準のAnalyticsに関するご紹介です。
Universal Analytics(ユニバーサルアナリティクス)に関してのご紹介は、
UniversalAnalytics対応についてをご覧ください。

こんにちはワニタです。GAロゴ画像

今回より数回にわたってGoogleAnalyticsのネットショップ用の設定について説明していきたいと思います。

e-shopsカートSのようなレンタルショッピングカートをご利用になっているショップ様の場合、ネットショップのサイトや商品ページは独自ドメインにて公開していて、購入手続きだけショッピングカート会社のドメイン配下となることがあります。

よくあるネットショップ構成例
ネットショップの独自ドメイン:example.com
ショッピングカートのドメイン:shopping-cart.example2.jp

このような場合、通常のアクセス解析だと併せて取得することは出来ません。・・・が、そこはGoogle先生の提供する仕組みのGoogleAnalyticsです。連動させる方法があるんです!さすが。

この記事では異なるドメイン配下のショッピングカートの解析を独自ドメイン店舗の解析と連動させるクロスドメインの設定について以下内容を案内いたします。

  1. トラッキングコードの取得・編集
  2. トラッキングコードの貼付け
  3. 公開ページのクロスドメイン設定
  4. 解析画面でのドメイン名付加設定

注意いただきたい点として、ショッピングカート側でGoogleAnalyticsのトラッキングコード入力に対応している必要がありますので事前にご確認ください。(もちろんe-shopsカートSは対応しています。)

また、クロスドメインの設定では、「カゴに入れる」ボタンHTMLソースの編集が必要となります。誤った編集を行いますと誤動作の原因となりますのでご注意ください。

では、Analyticsの設定方法について説明していきます。

トラッキングコードの取得

トラッキングコードの取得は、アナリティクス管理画面のプロパティ「トラッキング情報」にアクセスします。

複数のトップレベルドメインを「オン」にすると、(同時に上部のサブドメインも「オン」になります。)取得するトラッキングコードが変更されますので「保存」をクリックして設定を保存しましょう。

トラッキングコード取得画面

以下のトラッキングコードが表示されます。

<script type="text/javascript">

var _gaq = _gaq || [];
  _gaq.push(['_setAccount', 'UA-XXXXXXXX-Y']);
  _gaq.push(['_setDomainName', 'ドメイン情報]);
  _gaq.push(['_setAllowLinker', true]);
  _gaq.push(['_trackPageview']);

(function() {
    var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
    ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
  })();

</script>

トラッキングコードを編集するために、選択・コピーしてメモ帳などのテキストエディタに貼り付け、上記太字部分「_gaq.push(['_setDomainName', 'ドメイン情報']);」となっている部分を「_gaq.push(['_setDomainName', 'none']);」に変更します。

トラッキングコードの貼り付け

編集したトラッキングコードをトラッキングを行う全てのページに貼り付けます。e-shopsカート2を利用している場合は、以下の2作業が必要です。

よくあるネットショップ構成例の場合example.comの全てのページと、shopping-cart.example2.jpの全てのページにトラッキングコードを設置する必要があります。

公開ページのクロスドメイン設定

ドメイン間の全てのリンク・全てのボタンを編集する必要があります。Google公式ページTracking Multiple Domainsをご覧ください。(日本語ページもあったと思ったのですが、現在英語ページしか見当たりません。)

例)example.com からのリンク・ボタン

リンクの設定
<a href="shopping-cart.example2.jp" onclick="_gaq.push(['_link', 'shopping-cart.example2.jp']); return false;">ショッピングカートへ</a>

ボタンの設定
<form name="f" method="post" onsubmit="_gaq.push(['_linkByPost', this]);">

太字部分の追加が必要です。なお、e-shopsカート2での設定はご契約プランにより変更が異なります。

詳細はGoogleアナリティクスのクロスドメイン計測は対応していますか?をご覧ください。

なお、e-shopsカート2以外ご利用の場合は、shopping-cart.exsample2.jp からのリンク・ボタンも同様に編集が必要です。(['_link', 'shopping-cart.example2.jp']部分が['_link', 'www.example.com']となります。)

解析画面でのドメイン名付加設定

トラッキングの設置が完了となりますが、このままだと解析画面のページ表示で、ドメイン名が表示されません。
そのため、独自ドメイン(ネットショップ)側のページなのか、ショッピングカート側のページなのかが判別しにくいのですが、解析画面にドメイン部分も表示させるように設定を追加することができます。

最後に、GoogleAnalytics側で解析画面のページ表示にドメイン名を付加する設定を行います。

アナリティクス管理画面のプロパティで「新しいプロファイル」を作成します。

「+新しいプロファイル」をクリックします。

プロファイルの追加

レポートプロファイル名に適当な名前を入力し、レポートのタイムゾーンを「日本」に変更し、「プロファイルを作成」をクリックします。

新しいレポートプロファイル

フィルタタブをクリックし、「+新しいフィルタ」をクリックします。

フィルタの追加

フィルタ名に適当な名前を入れ、フィルタの種類を「カスタムフィルタ」とします。

ラジオボタンの選択肢を「詳細」として以下のように値を入れます。

フィールドA -> 引用A 選択肢:ホスト名  入力値:(.*)
フィールドB -> 引用B 選択肢:リクエストURI 入力値:(.*)
出力先 -> 構成 選択肢:リクエストURL 入力値:$A1$B1
フィールドAは必須 はい
フィールドBは必須 いいえ
出力フィールドを上書き はい
大文字と小文字を区別 いいえ

フィルタの追加2

「保存」をクリックします。

 

上記設定により、ドメインが異なるショッピングカートの解析まで行えるようになりました。
独自ドメインとショッピングカートの解析を連動させる場合のご参考となれば幸いです。

次回は、eコマースの設定と目標設定について案内予定です。

カテゴリー: GoogleAnalytics パーマリンク

コメントは停止中です。