Googleさんはグローバルサイトタグを推奨?!

こんにちは、ワニタです。

今回はGoogleAnalyticsのトラッキングタグについてです!

はじめに

Google Analyticsでアクセス解析や効果測定を行うのに、必ずタグが必要となることはご存じかと思います。データを取得するために、Webへトラッキングタグを貼り付けすることが必須ですが、Google AnalyticsをはじめとするGoogle社が提供するサービスにおいて、測定のための推奨タグが“グローバルサイトタグ”という新しいバージョンに移行していっているので、e-shopsカート2をご利用いただく上での注意点についてまとめてみました。

e-shopsカート2では残念ながらグローバルサイトタグに未対応

Googleさんはグローバルサイトタグを推奨しているようで、Google Analyticsのトラッキングタグ取得画面では既に「gtag.js」のトラッキングタグをメインで表示しているご様子です。

しかし、e-shopsカート2では未だgtag.jsに対応した仕様となっておりません。
申し訳ありません・・・
現状では『UniversalAnalytics(analytics.js)』にて、ご対応をお願いしております。

グローバルタグに対応していないからといって、解析が行なえない!というわけではございませんので、解析可能な実装方法の専用タグについてのご案内ページやヘルプの記載場所などについて、本記事でお伝えしていきたいと思います。

GoogleAnalytics『analytics.js』トラッキングタグ取得までの道

e-shopsカート2では『UniversalAnalytics』での解析に対応しております。UniversalAnalytics専用のトラッキングタグをご取得のうえクロスドメイン計測を行なうことでしたら可能です。

Google Analyticsのトラッキングタグ取得画面ではグローバルサイトタグがメインで表示されるようですが、UniversalAnalyticsのタグはどこにあるのでしょうか?

探してみました!

Google Analyticsトラッキングタグ取得画面まで進めていくと、以下のように表示されました。

ガッツリ「gtag.js(グローバルサイトタグ)」が表示されていますが、この緑色の枠で囲まれたタグを取得していただいてもe-shopsカート2では未対応ですのでご設定できません。その下に『他の実装方法』と書かれたところがあり、小さく『analytics.js』のリンクがありました!以前は主流な実装方法だったのに、何だか少しさみしい気分なワニタです。

続きまして・・・

“analytics.jsを使用する”の説明書きに、『デペロッパー向けドキュメント』というまたもや小さなリンクがいました。更にクリックします。

▼クリックしたページ:サイトにanalytics.jsを追加する https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/


やっと対象の記事に出会えました。これは確かにわかりにくいですね・・・

Webサイトとe-shopsカート2を介したトラッキングを行なうためには、上の画面から取得したトラッキングコードを少し編集し、『クロスドメイントラッキング』を実装することで可能となります!タグの編集については、過去の以下記事をご参考としご対応くださると幸いです!

■過去の記事➜UniversalAnalyticsにおけるクロスドメインのトラッキングについて

以上、analytics.jsのトラッキングタグ取得における補足情報でした!

カテゴリー: GoogleAnalytics パーマリンク

コメントは停止中です。