ランディングページを活用して商品をアピールしよう!

ランディングページを活用して商品をアピールしよう!

 ネットショップを運営していると、一度は「ランディングページ」という言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

 「ランディングページ」は、商品の注文やお問い合わせなどといったお客さまからのコンバージョンを誘導する効果が高いので、売上げアップや新しいお客さまの獲得といった目的達成のためには大変効果的な対策と言えます。
 とはいえ、「ランディングページ」っていったいどんなものでしょうか?

ランディングページってそもそもなんでしょう?

 ランディングページ(landing page)を直訳すると「着地ページ」となり、読んで字のごとくお客さまが最初に訪れたネットショップのページという意味になります。
 広い意味では「ランディングページ」というと、こちらの「最初に訪れたページ」の意味になるでしょう。

 つまりネットショップで公開しているページであれば、どれでも広い意味での「ランディングページ」になりえるという事です。Google Analytics などの解析サービスでは、検索などから「最初に訪れたページ」として「ランディングページ」を取り扱っています。

 それに対して、ページの目的を絞り込んだ意味として、お客さまからのコンバージョンを誘導することに特化したページの事も「ランディングページ」と言います。
 ネットショップやホームページなどで集客やマーケティング、SEOなどの対策の際に話題となる「ランディングページ」は、こちらの目的を持った誘導ページを指すと考えてください。

 お客さまからの「コンバージョン」とは実際にはどういったものが考えれるでしょうか。

・商品の注文 ⇒ 売上げアップ
・お問い合わせ ⇒ 購入意欲のアップややリピーター獲得
・イベントの予約 ⇒ 見込み客の発掘
・無料会員、プレゼントへの申込や応募 ⇒ 見込み客の発掘

 このような成果が期待できます。では、このランディングページにはどういった特徴があるでしょうか。

ランディングページの特徴

 ランディングページの最終的な目的は、商品の購入やお問い合わせなどコンバージョンの獲得です。
 そのため、ランディングページのデザインとしてはネットショップの他のページとは異なり「どのようにお客さまへ魅力的な情報を伝え、購入やお問い合わせ、会員登録などをしてもらうか」といった点に注目して作る必要があります。

【リンクがない】
 「ランディングページ」では他のページへのリンクが極端に少ない傾向があります。
 普通のWebページでは、訪れたページからいろいろなページを参照してサイト内を移動してほしいという観点から、ナビゲーションやメニューの配置に注意を払って作成をしているかもしれませんが、「ランディングページ」ではページの目的が商品購入やお問い合わせなどのコンバージョン獲得を目的として、その点に特化しているからです。

 他のページへ移動して、ネットショップ内の多くのページを見てもらう事で、いわゆる直帰率は下がるかもしれませんが、購入とは直接関連しないページに移動したことで、お客さまの購入意欲を逆にそいでしまう可能性もあります。
 「ランディングページ」については、逆に目的を限定し他のページへの移動方法をなくすことで、コンバージョン率のアップを図るためこのような特別なページ作りになっています。

【縦長のデザイン】
 「ランディングページ」では、商品の購入やお問い合わせといったコンバージョン率のアップを目的としているため、他のページへの移動を極力なくし、かつ、コンバージョンにつながる多くの情報を提示しているため縦スクロールの長いページになる傾向があります

 伝える情報が多ければ「ページを分けた方が良いのでは?」と考える方もいると思いますが、【リンクがない】の項目でも書きましたが、他のページへ移動することで、コンバージョン率が減ってしまう可能性がありますので、できる限り1ページで完結する事を目指すためです。

 とはいえ、ショップからのおすすめコメントやキャッチコピーといった「この商品はこんなに素晴らしいのですよ!」といった内容だけでは残念ながらお客さまの購入意欲に訴えるにはいささか不十分です。良い事ばかり書かれても「はたして本当にそんなにすごいのか?」「売りたいのだから良い事しか書かないよね?」と、疑いの目を持ってしまうことでしょう。

 では、どうすれば良いのか。一つの方法としては単に紹介をするのではなく、それに対する説明を加えあたかもお客さまの疑問にこたえるかのような宣伝をする事です。
 例えば、「当ショップだけの限定販売です」とした場合、なぜ限定販売なのか、なぜ仕入れることが出来るのかなど。キャッチコピーに対し、当然浮かぶであろう疑問に答えているような、疑似対話の体験をもってもらえるよう心がけてみてはどうでしょうか。

【デザイン的なインパクトをつける】
 「ランディングページ」では、ページ自体のインパクトで先ずはお客さまを引き付ける必要性がある事から、比較的派手なデザインで、強烈なキャッチコピーになりがちです。

 確かに、お客さまを引き付けるためのインパクトは必要ですが、余りに過激にし過ぎると却って逆効果となってしまう事もあります。
 「ランディングページ」の目的は商品の購入やお問い合わせといったコンバージョン率のアップです。チラシやCMなどを参考に「ほどほどに広告的要素を強めたデザイン」にするくらいが良いのかもしれません。
 「ランディングページ」の内容に興味を持ってもらえれば読んでもらえてコンバージョンにつながる、興味をもってもらえなければコンバージョンにはつながらない。シンプルに考えればそれに尽きるのではないでしょうか。

【画像を使い視覚に訴える】
 【デザイン的なインパクトをつける】に共通して、「ランディングページ」では比較的「イメージ画像」を多く使う事が挙げられます。
 
 これは、ページを読み進めやすくるためのテクニックです。「ランディングページ」では、1ページ内でより多くの情報を提示する必要があります。
 とはいえ、すべてテキストで補おうとすると自然と文章のボリュームも多くなり、読みにくいサイトとなってしまいます。

 これを避けるため、画像にコメントを含めたり、キーワードやキャッチコピーを画像と組わせたりして、サイトのデザインに緩急をつけて見やすく読みやすくしているのです。
 キーワードやキャッチコピーなどのインパクト重視のものは画像で、じっくりと説明や読んでほしい事はテキストで、といった使い分けを心がけると良いのではないでしょうか。

ランディングページを効果的に利用する方法

 「ランディングページ」を効果的に利用する良い方法として、インターネット広告と絡めるという方法があります。
 インターネット広告のリンク先ページとして作成した「ランディングページ」を設定します。

 例えば、インターネット広告で販売したい商品や会員の募集などを宣伝していたとします。
 その場合、広告の内容とは関連の少ないネットショップのトップページなどを設定するよりも、直接商品の購入手続が出来たり、会員登録のできる「ランディングページ」を設定したほうがコンバージョン率もアップします。

 広告を出す予算なんてない!広告を出すのはもったいない!と言う方もいらっしゃると思います。
 そのような場合でも「ランディングページ」を上手に活用する方法はあります。通常のネットショップのページから「ランディングページ」に誘導をさせる方法です。

 例えば、キャンペーンやイベントを開催している場合、ネットショップのトップページからランディングページに誘導する。
 あるいは、SNSやメールマガジンで「ランディングページ」のURLを伝えて誘導するなどです。

 また、縦長のページのメリットを生かしてスマートフォンでの閲覧を誘導する事も重要です。
 パソコンでWebページを見た場合、長めの縦スクロールは敬遠されがちですが、スマートフォンでは細かな画面遷移があるよりも、縦長のページをスクロールして見れる方が好まれる傾向があります。その点では画像や端的なコメントで、スマートフォンユーザー向けに特化するのも一つのマーケティング手段だと言えるかもしれません。

まとめ

 「ランディングページ」の活用についてご紹介をしました。
 「ランディングページ」というとインターネット広告と絡めて利用するなどのご提案を業者様のページなどでは良く拝見しますが、目的さえしっかり押さえていれば、利用機会はネットショップ様のアイデアで大きく広がります。
 後は、「ランディングページの特徴」でも触れましたが、コメントや画像の使い方ひとつで「怪しげなページ」とマイナスのイメージを持たれてしまいがちなので、注意して作成をしてください。

ネットショップの集客カテゴリの最新記事