カテゴリー:GoogleAnalytics

グローバルサイトタグ(gtag.js)でのクロスドメイントラッキングの設定方法を解説!

こんにちは、お久しぶりのワニタでございます。

GoogleがUniversalAnalyticsではなく、グローバルサイトタグを初期状態で提供するようになったことから、

今回は『gtag.jsにおけるクロスドメイントラッキングの設定方法』を解説致します!

【※ご注意】e-shopsカートSではタグマネージャーには非対応です。

おさらい:クロスドメイントラッキングとは?

クロスドメインとは1つのWebサイトの中で、ドメインが2つ以上にまたがっている状態です。

例:ネットショップのドメインが「abc.com」なのに、カートのみ別ドメインのASPサービス(e-shopsカートSも該当)が「def.jp」のため、カゴに商品を入れた瞬間にドメインが変わるケース

↑のような状況って意外に多いと思いますが、クロスドメイントラッキングができていないと、本来は自然検索から来たにもかかわらずドメインをまたぐ際にセッションが切れるため、参照元が「abc.com」になってしまう・・・なんてことになってしまいます。

こうなると、正確に計測出来ない状況に陥ってしまいますので、このような事態を防ぐための「クロスドメイントラッキング」の設定が必要となります。

今回の目次

gtag.jsのクロスドメインのトラッキングコードについて

クロスドメインの設定方法についてご説明していきます。

ワニタの主観ですが、作業してみて難しいことはありませんでしたよ~。

GoogleAnalyticsトラッキングタグの記述変更

GoogleAnalytics管理画面から取得したグローバル サイトタグ(gtag.js)のままでは、計測できないので、以下のようにご変更して下さい。(以下コードのコピー&ペーストは行わないで下さいネ。)

【※ご注意】e-shopsカートSでは以下のようにコメントアウトのご登録が必須です。

初期状態のタグ

<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>
<script async src=”https://www.googletagmanager.com/gtag/js?id=UA-XXXXXXXX-XX”></script>
<script>
 window.dataLayer = window.dataLayer || [];
 function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
 gtag(‘js’, new Date());
 gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘);
</script>

上記のコード6行目

gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘);

の部分を、以下に書き換えます。

変更する部分

gtag(‘config’, ‘UA-XXXXXXXX-XX‘, {
 ‘linker’: {
  ‘domains’: [‘ショップドメイン‘, ‘ec-sites.jp‘]
 }
});

UA-XXXXXXXX-XXはご自身のトラッキングID、ショップドメインにはクロスドメイン対象のドメインに置き換えてください。

参照元の除外

過去のブログ≪UniversalAnalytics対応について≫でもご案内させていただいたことがございますが、画面のデザインが一部変わっていたり、おさらいも兼ねて、改めてご説明します。

【※ワニタ環境での事例となります。】

クロスドメインの対象となるドメインを参照元除外URLとして設定します。

除外するURL:app.ec-sites.jp cart.ec-sites.jp

アナリティクスの設定にて、対象のプロパティのトラッキング情報→参照元除外リストをクリックします。タグの記述を変えただけでは、参照元に別ドメインの自分のサイトのドメインが出てきてしまいますが、参照元除外設定を行う事で、「ユーザーがどこから来たか」を正しく計測できます。

管理>プロパティ>トラッキング情報>参照元除外リストにて、先ほどの2ドメインの除外設定を追加します。

フィルタの追加

フィルタの作成を行なうことで、アナリティクスのレポートの表示やカウントを以下のように識別することができます。

例:「/index.html」 → 「https://abc.com/index.html」

以下の画像をご参考として下さい。

「フィルタを追加」をクリックします。

フィルタ名を入力し、「フィルタの種類」は「カスタム」を選択します。

「詳細」を選択し、以下のように入力します。

フィールドA -> 引用A 選択肢:ホスト名  入力値:(.*)
フィールドB -> 引用B 選択肢:リクエストURl 入力値:(.*)
出力先 -> 構成 選択肢:リクエストURl 入力値:$A1$B1
フィールドAは必須 はい
フィールドBは必須 いいえ
出力フィールドをオーバーライド はい
大文字と小文字を区別 いいえ

特定URLでの計測の除外方法

クロスドメイン用のトラッキングコードをe−shopsカートSの管理画面に登録をすると、e-shopsカートS側で生成する全てのページがトラッキング対象となります。トラッキング対象となるページは以下の様なものがあります。

  • 購入手続き画面
  • マイページ
  • 在庫表ページ
  • レビューページ
  • 特定商取引法のページ

全ての情報をレポートで表示する場合には、必要ありませんが、レポートに含めたくないページなどがあれば以下のように設定します。

例:マイページをレポートから除外する場合

Analyticsの設定にて、以下をクリックします。

続いて「フィルタを追加」をクリックします。

以下画像のように設定します。

フィルタの種類→定義済み 除外
サブディレクトリへのトラフィック 前方が一致
サブディレクトリ PCデザイン
cart.ec-sites.jp/cart_step●/mypage/
(●部はショップ様毎に異なります。)
レスポンシブデザイン
cart.ec-sites.jp/sp_step●/mypage/
(●部はショップ様毎に異なります。)

以上を保存することで、マイページへのアクセスはレポートから除外されます。

e-commerceTrakingの対応について

アナリティクス設定で、「eコマースの設定」をクリックします。

e コマースの有効化を行ないます。下図のように「オン」を選択し「保存」をクリックします。

【※ご注意】e-shopsカートSでは拡張eコマースには非対応となります。

e-shopsカートS側の設定

グローバルサイト用のトラッキングコードを、管理画面「販売管理」>「Google Analytics 設定」にて入力することで、購入完了画面にて、グローバルサイトタグのeコマース用の情報が出力がされるようになっています。特別な作業はありません。

目標設定について

アナリティクス設定で、「目標」をクリックします。

「+新しい目標」をクリックします。

「カスタム」を選択し、「続行」をクリックします。

わかりやすく名前を「購入完了」などとし、「到達ページ」を選択+「続行」をクリックします。

以下の図の様に入力し、「保存」をクリックします。

▼ゼロステップカートの場合

目標到達ページや目標到達プロセスには以下を入力します。(e-shopsカートSのゼロステップカートの場合)

目標の詳細>到達ページ の設定

e-shopsカートSの注文完了画面URLを入力します。

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。)
先頭が一致 cart.ec-sites.jp/sp_stepXX/sp-pc/pk04/es_shop_id/XXX/

目標の詳細>目標到達プロセス の設定

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。) 名前の入力
ステップ1 cart.ec-sites.jp/sp_stepXX/static/cart2/es_shop_id/XXX/ 購入者情報入力画面

▼3ステップカートの場合

目標到達プロセスには以下を入力します。(e-shopsカートSの3ステップカートの場合)

目標の詳細>到達ページ の設定

e-shopsカートSの注文完了画面URLを入力します。

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。)
先頭が一致 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc4/pk04/es_shop_id/XXX/

目標の詳細>目標到達プロセス の設定

URL入力値(XX部はショップ様毎に異なります。) 名前の入力
ステップ1 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc/kago/es_shop_id/XXX/ カゴの中身画面
ステップ2 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc1/pk01/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP1
ステップ3 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc2/pk02/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP2
ステップ4 cart.ec-sites.jp/cart_stepXX/pc3/pk03/es_shop_id/XXX/ 購入手続きSTEP3

以上でクロスドメイントラッキングの設定は完了です。ご参考となれば幸いです♪

Googleさんはグローバルサイトタグを推奨?!

こんにちは、ワニタです。

今回はGoogleAnalyticsのトラッキングタグについてです!

はじめに

Google Analyticsでアクセス解析や効果測定を行うのに、必ずタグが必要となることはご存じかと思います。データを取得するために、Webへトラッキングタグを貼り付けすることが必須ですが、Google AnalyticsをはじめとするGoogle社が提供するサービスにおいて、測定のための推奨タグが“グローバルサイトタグ”という新しいバージョンに移行していっているので、e-shopsカートSをご利用いただく上での注意点についてまとめてみました。

e-shopsカートSでは残念ながらグローバルサイトタグに未対応

Googleさんはグローバルサイトタグを推奨しているようで、Google Analyticsのトラッキングタグ取得画面では既に「gtag.js」のトラッキングタグをメインで表示しているご様子です。

しかし、e-shopsカートSでは未だgtag.jsに対応した仕様となっておりません。
申し訳ありません・・・

現状では『UniversalAnalytics(analytics.js)』にて、ご対応をお願いしております。

グローバルタグに対応していないからといって、解析が行なえない!というわけではございませんので、解析可能な実装方法の専用タグについてのご案内ページやヘルプの記載場所などについて、本記事でお伝えしていきたいと思います。

GoogleAnalytics『analytics.js』トラッキングタグ取得までの道

e-shopsカートSでは『UniversalAnalytics』での解析に対応しております。UniversalAnalytics専用のトラッキングタグをご取得のうえクロスドメイン計測を行なうことでしたら可能です。

Google Analyticsのトラッキングタグ取得画面ではグローバルサイトタグがメインで表示されるようですが、UniversalAnalyticsのタグはどこにあるのでしょうか?

探してみました!

Google Analyticsトラッキングタグ取得画面まで進めていくと、以下のように表示されました。

ガッツリ「gtag.js(グローバルサイトタグ)」が表示されていますが、この緑色の枠で囲まれたタグを取得していただいてもe-shopsカートSでは未対応ですのでご設定できません。その下に『他の実装方法』と書かれたところがあり、小さく『analytics.js』のリンクがありました!以前は主流な実装方法だったのに、何だか少しさみしい気分なワニタです。

続きまして・・・

“analytics.jsを使用する”の説明書きに、『デペロッパー向けドキュメント』というまたもや小さなリンクがいました。更にクリックします。

▼クリックしたページ:サイトにanalytics.jsを追加する
https://developers.google.com/analytics/devguides/collection/analyticsjs/

やっと対象の記事に出会えました。これは確かにわかりにくいですね・・・

Webサイトとe-shopsカートSを介したトラッキングを行なうためには、上の画面から取得したトラッキングコードを少し編集し、『クロスドメイントラッキング』を実装することで可能となります!タグの編集については、過去の以下記事をご参考としご対応くださると幸いです!

■過去の記事➜UniversalAnalyticsにおけるクロスドメインのトラッキングについて

(続きを読む…)

UniversalAnalytics対応について

 

またしても期間が空いてしまった更新です。ご無沙汰しておりスミマセン、ワニタでございます。

今回も、またGoogleAnalyticsネタです。

前記事(GoogleAnalyticsクロスドメインのformリンクへの追記を自動化)に記載をしたように、前回までは標準のanalyticsのトラッキングコードを案内をしていましたが、今回、ついにUniversalAnalyticsのトラッキングコードについての紹介をすることにしました。

GoogleAnalyticsでプロパティを新規作成すると、UniversalAnalyticsのトラッキングコード箇所には未だに「BETA」と表示されていますが、標準のAnalyticsからUniversalAnalyticsへのアップグレード方法についてGoogleから案内されていたりします。ネット上にもUniversalAnalyticsについての情報が増えていて、利用が広がっているようですので、e-shopsカートSを利用した場合の設定についてご紹介しようと思います。

(続きを読む…)

GoogleAnalyticsクロスドメインのformリンクへの追記を自動化

追記:
このページの内容は、標準のAnalyticsに関するご紹介です。
Universal Analytics(ユニバーサルアナリティクス)に関してのご紹介は、
UniversalAnalytics対応についてをご覧ください。

前回の更新から半年以上が経過してしまいました。更新が滞ってしまいすみません。
この更新をしていない間に、世の中も色々と変化があり、Analyticsについても変化があったようです。
管理画面が変わっていたり、新規プロパティを作成した際のトラッキングコードがUniversalAnalytics(β)だったりといった変化がありながらもワニタは元気です。

flat-27590_150今までの記事で案内しているAnalytics関連の内容は全て標準のAnalyticsのトラッキングコードのものですのでご了承ください。そして今回、以下に案内する内容も標準のAnalyticsのトラッキングコードについてのものとなります。

なお、UniversalAnalytics(β)のトラッキングコードについては、現状では記事にする予定がありませんが、(β)ではなく正式にリリースした後には、そういった機会も出てくると思います。未だ先の話ですがよろしくお願いします。

さて、それでは今回はクロスドメインのformリンクへの追記を自動化する方法をお伝えします。

(続きを読む…)

目標設定とeコマースの設定

追記:
このページの内容は、標準のAnalyticsに関するご紹介です。
Universal Analytics(ユニバーサルアナリティクス)に関してのご紹介は、
UniversalAnalytics対応についてをご覧ください。

こんにちは。ワニタです。寒い日が続きますね。
会社のある温暖な静岡県東部でも雪が観測されたりと、まさに冬真っ只中だと感じる今日このごろです。

photo2063

先週末の連休に海外旅行に行き帰ってきたのですが、成田空港についたのは14日21時、東京が大雪に見舞われた日でした。空港近くの駐車場に車を預けていたのですが、そこから静岡に帰るまでがとても大変でした。

当日は帰るのを諦め近くのビジネスホテルに泊まったものの、翌日は首都高速道路が通行止め、都内の道路は大渋滞。おみやげで買ってきたCDを何回も聞いてやっとの思いで家に着いたのが夜の8時過ぎでした。
運転時間10時間と、行きの運転に比べ4倍以上時間がかかった、思いで深い帰路となりました。

ゴールをどこに設定するか

首都高速の情報や、都内の渋滞情報が的確に知れていたら、時間帯をずらすなどで効率よく帰ってこれたと思うのですが、情報収集を怠ったため人生最長の連続運転時間となりました。
静岡の家に付くというゴールを達成するために、必要な情報を集めて分析するというのはとても大切だと思わされました。

ところで「ネットショップ」のゴールといえば何でしょうか。売上、利益などの数値的な目標や、取り扱い商品を世に広めること、商品を通して思いを伝えることなど理念的な目標もあるでしょう。

GoogleAnalyticsでは、様々なデータを収集できますが、売上や購入完了数などの取得が可能となっています。
だいぶ強引ですが、今回は購入完了数取得のための目標設定と、売上取得のための設定(前回案内したeコマース機能)で取得できるデータについて解説したいと思います。

(続きを読む…)

ネットショップのためのGoogleAnalyticsクロスドメイン設定

追記:
このページの内容は、標準のAnalyticsに関するご紹介です。
Universal Analytics(ユニバーサルアナリティクス)に関してのご紹介は、
UniversalAnalytics対応についてをご覧ください。

こんにちはワニタです。GAロゴ画像

今回より数回にわたってGoogleAnalyticsのネットショップ用の設定について説明していきたいと思います。

e-shopsカートSのようなレンタルショッピングカートをご利用になっているショップ様の場合、ネットショップのサイトや商品ページは独自ドメインにて公開していて、購入手続きだけショッピングカート会社のドメイン配下となることがあります。

よくあるネットショップ構成例
ネットショップの独自ドメイン:example.com
ショッピングカートのドメイン:shopping-cart.example2.jp

このような場合、通常のアクセス解析だと併せて取得することは出来ません。・・・が、そこはGoogle先生の提供する仕組みのGoogleAnalyticsです。連動させる方法があるんです!さすが。

この記事では異なるドメイン配下のショッピングカートの解析を独自ドメイン店舗の解析と連動させるクロスドメインの設定について以下内容を案内いたします。

  1. トラッキングコードの取得・編集
  2. トラッキングコードの貼付け
  3. 公開ページのクロスドメイン設定
  4. 解析画面でのドメイン名付加設定

(続きを読む…)

ネットショップにおけるGoogleAnalyticsの利用について

GA解析画面GoogleAnalyticsはとても多くの機能があるため、難しいとか複雑な印象を持っている方も多いと思います。筆者もわからないことだらけです(現在も未使用な機能など多数です)が、目的を決めてAnalyticsの解析画面を見てみると様々なことに気づきます。

しばらく私の記事ではネットショップ運営していくにあたって「こんなデータ見たらどうかな?」とか「この指標はチェックしたほうがよいかも。」といったことなど紹介していきたいと思います。

月に1回程度更新目指していますので、生暖かい目で見守ってもらえると幸いです。

(続きを読む…)