今からでも間に合う【スマホ対応】の近道。

Googleが4月21日よりモバイル検索においてスマホ対応をランキング要素として採用することを発表したことは、既にご存じの方も多いと思います。

Googleウェブマスター向け公式ブログ

Googleが事前に親切に告知してくれていることからも想像できますが、対応を怠ったサイトには大幅な影響が起きると思って間違いなさそうです。
スマホでの検索結果に【スマホ対応】と表示されていないサイトを管理されている場合には是非、スマホ対応されることをお勧めいたします。その他の確認方法としては、以前にもご紹介したモバイルフレンドリーテストを利用するという手もあります。

『スマホ対応って、具体的に何をどうしらいいの?』

と思われる方も多いと思いますが、Googleではちゃんとその指針を示してくれています。
Google提供の「モバイルSEOガイド」によると、下記の3つの手法の何れかで
モバイル対応していることを検索エンジンに伝えられるとあります。

手法1.レスポンシブウェブデザインを採用する
meta viewport要素を記述したうえで、CSSによって同一コンテンツをアクセス端末の
画面サイズに合わせて調整して配信する手法です。URLも同一になります。
CSSの知識を必要としますし、既存のページのHTMLにも手を加える必要がでてくる場合も
ありますので、それなりの手間暇がかかります。
(同一コンテンツ、同一URL)

手法2.動的な配信をする
アクセス端末のブラウザ(ユーザエージェント)によって、異なるコンテンツを配信しますが、
URLは同一になります。
PC用とは別にスマホ用のページを用意した上で、プログラムによってアクセス端末の
判定を行ってコンテンツを返しますのでプログラム的な知識が必要になります。
(別コンテンツ、同一URL)

手法3.別々のURLで配信する
メタタグの記述によって、PC用とスマホ用の異なるURLのコンテンツを検索エンジンに
同一視してもらう手法です。スマホでの検索結果をクリックするとちゃんとスマホ用の
ページのほうに誘導してくれるようになります。「1.」「2.」とは異なり、URLが
PC用とスマホ用で別になりますので、例えば、スマホでPC用ページにアクセスしても
PC用のページがそのまま表示されます。あくまでも目的は、ページがスマホ対応して
いることを検索エンジンに伝えることになります。その代わり、最も敷居の低い方法
だとも言えます。
(別コンテンツ、別URL)

スマホ対応の近道

Googleが最も推奨しているのは、レスポンシブウェブデザインのようですが、
限られた知識と時間の中でとりあえずスマホ対応しているこを検索エンジンに
伝えたいという場合には、「手法3.別々のURLで配信する」が最も近道です。

・既存PCページのメタタグにalternate属性でスマホページのURLを記述する
・スマホページはてっとり早くCMSを利用して、メタタグにcanonical属性で
 PCサイトのURLを記述する。

これだけです。
詳細な記述方法は下記にても親切に紹介されています。

GoogleモバイルSEOガイド #設定を検索エンジンに伝える(別々のURL)

ここからは宣伝方々、具体的な手法のご案内です。

『でもスマホ用ページの作り方が分からないんだけど・・・』

という方、案外多いのではないでしょうか?
ご安心ください。

e-shopsカート2ネットショップ開業CMSプランでは
スマホページの自動生成はもちろんのこと、レンタルサーバも付随しておりますので
既存サイトをレンタルサーバで公開しながら、同一のドメイン配下でスマホサイトを
CMS(自動生成ページ機能)を利用して公開することが可能になっています。

もちろん、モバイルフレンドリーなページを生成しています!
▼ネットショップ開業CMSのモバイルフレンドリーテスト結果
(デモサイトのテスト結果です)

『スマホ用ページの問題は解決しても、メタタグの記述が面倒だなぁ・・・』

という方もご安心ください。

【既存PC用ページでの対応】
既存PCページのメタタグにalternate属性でスマホページのURLを記述する

→e-shopsカート2の商品詳細画面にて自作PCページのURLをご登録いただければ
 検索エンジンにスマホ対応を伝えるためのXMLサイトマップを出力できるように
 なりますので、このXMLサイトマップをレンタルサーバにアップロードして
 Googleウェブマスターツールから申請を行えば各ページのメタタグに記述する
 必要はございません!


【CMSで自動生成するスマホ用ページでの対応】
・スマホページはてっとり早くCMSを利用して、メタタグにcanonical属性でPCサイトのURLを記述する。

→e-shopsカート2の商品詳細画面にて自作PCページのURLをご登録いただければ
 自動生成するスマホ用ページのメタタグに自動的canonical属性でPCサイトのURLを記述いたします!

------------------------------------------------------------------------

いかがでしょう?
ものは試しです、14日間のお試し期間でe-shopsカート2でできるスマホ対応を
体験してみてはいかがでしょうか。

e-shopsカート2無料お試し申込みフォーム

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。