タブレットでのHP表示は、どっちが最適?

スマートフォンが着々と普及している昨今ですが、タブレットも魅力的な新機種がそろってきて、そろそろ一つ欲しいな~ などと考えておりましたら、なんと弊社スタッフ全員にネクサス7がサプライズ支給されました。(嬉しいです!ありがとうございます)

プライベートではノートPCとスマートフォンを併用している私にとっては、当初はタブレットの利用シーンて?と戸惑いもありましたが、今では社内でのミーティング資料閲覧はもちろんのこと帰宅してからの電子書籍の閲覧やちょっとしたブラウジングにとっても重宝しております。

ふと思ったのですが、タブレットでHPを閲覧する時って、PC用のページのほうが見やすいのでしょうか?それともスマートフォン用?

答えは「人それぞれ」、といったところでしょうか。

アクセスするサイトによってPC用が表示されたりスマートフォン用が表示されたりすることがあるのですが、どちらのページを表示するかは基本的にはアクセスしたブラウザから送信される「ユーザーエージェント」で判断しているそうです。(HP側がスマートフォン対応している場合のお話です、念のため…)

ユーザーエージェント? と思われた方、すみません。ざっくり申し上げると、HPを閲覧するためにアクセスした端末の情報をHP側のサーバに伝える役割を担っているのがユーザーエージェントです。個人情報ではないので全く問題ないと思いますが、知らずのうちに自身の端末の情報がサーバ側に伝わっているということになります。そこには例えばAndroidやiphoneなどの端末の種類やブラウザの種類に加えて、モバイル端末であればMobileという記述もありますので、この情報を元に表示するページの種類をPC用かスマートフォン用かに切り替えているという具合です。

この表示の件で同僚から質問されたことがありました。「同じサイトでも、Android搭載のタブレットであるギャラクシータブではスマートフォン用ページが表示されるのに、同じくAndroid搭載のタブレットであるネクサス7ではPC用ページが表示されるのは、何故?・・・」と。

これは、ギャラクシータブ標準搭載のブラウザーである「ブラウザ」のユーザーエージェントに【Mobile】の記載があるのに対し、ネクサス7標準搭載のブラウザーである「Chrome」ではユーザーエージェントに【Mobile】の記述がないためだと思われます。

いずれは何らかのう方向に統一されていくかもしれませんが、現状ではタブレットも「それぞれ」のようです。ちなみにe-shopsカートSのスマートフォン対応もユーザーエージェントを元に判定をおこなっていますので、ネクサス7でアクセスして商品をカゴに入れるとPC用の買い物かご画面が表示されます。

ネクサス7

e-shopsカートSご利用者限定のリンクサービスについて

e-shopsカートS導入ショップ折角ネットショップを立ち上げ、ホームページを作ったのに訪問者数が少なくて困っているショップの運営者様、e-shopsカートSの公式ホームページからリンクを貼ってみてはいかがでしょうか?

 

 作成したショップページの訪問者数を確認したい方は
 こちらの記事もご覧ください。
 ▼ネットショップにおけるGoogleAnalyticsの利用について
 https://cart.e-shops.jp/staff/?p=63

ネットショップのためのGoogleAnalyticsクロスドメイン設定

追記:
このページの内容は、標準のAnalyticsに関するご紹介です。
Universal Analytics(ユニバーサルアナリティクス)に関してのご紹介は、
UniversalAnalytics対応についてをご覧ください。

こんにちはワニタです。GAロゴ画像

今回より数回にわたってGoogleAnalyticsのネットショップ用の設定について説明していきたいと思います。

e-shopsカートSのようなレンタルショッピングカートをご利用になっているショップ様の場合、ネットショップのサイトや商品ページは独自ドメインにて公開していて、購入手続きだけショッピングカート会社のドメイン配下となることがあります。

よくあるネットショップ構成例
ネットショップの独自ドメイン:example.com
ショッピングカートのドメイン:shopping-cart.example2.jp

このような場合、通常のアクセス解析だと併せて取得することは出来ません。・・・が、そこはGoogle先生の提供する仕組みのGoogleAnalyticsです。連動させる方法があるんです!さすが。

この記事では異なるドメイン配下のショッピングカートの解析を独自ドメイン店舗の解析と連動させるクロスドメインの設定について以下内容を案内いたします。

  1. トラッキングコードの取得・編集
  2. トラッキングコードの貼付け
  3. 公開ページのクロスドメイン設定
  4. 解析画面でのドメイン名付加設定

(続きを読む…)

ホームページのタイトルは重要

SEO(検索エンジン対策)でもっとも重要な要素の一つに「タイトル」の設定があります。

※タイトルとはホームページのHTMLで<title>タグで囲まれた部分です。

なぜ重要かというと、検索エンジンが検索結果の順位を決定する際にタイトルに検索キーワードが含まれているかが大きく影響するからです。

また、検索結果の見出しとしてタイトルが表示されるので、ユーザーがクリックする気になる文言にしておく必要があります。

例えば「クリスマス」と検索すると、タイトルにクリスマスが含まれているページが上位に掲載されているのが分かると思います。

▼ヤフーで「クリスマス」と検索
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9

また、タイトルの文言のより前の方に「クリスマス」と記載するとより効果的なようです。

ネットショップで商品を販売しているページを検索で上位に表示させたければ、商品名や商品ジャンルなどをタイトルに上手に含めると良いかと思います。

ありがちでやってはいけないのは、全てのページのタイトルを「ABC雑貨店」の様に同じにしてしまう事です。タイトルに個別の商品名等を含めるなどをして、すべてのページのタイトルが同じにならないするのも重要です。

ページ数が多いと大変ですが、SEO(検索エンジン対策)としては最重要項目ですので、まずは現状を確認することをお勧めいたします。

 

e-shopsカートS資料請求のナカミ

e-shopsカートSの資料の送付依頼は、お陰様で毎日いろいろなショップ様、ネットショップ開業を検討されている方からいただきます。封筒の中には、パンフレット、導入事例などと共にマンガ小冊子が同封されているのですが、この14ページ程度のマンガがなかなか秀逸です。

限られたページの中でe-shopsカートSの概要を紹介しているのですが、内容はもちろんのこと背景にある作者のギャグセンスに共感を覚えずにはいられません。

制作をしていただいたアサイチエさんは、私よりずいぶん若いはずなんですけど・・・。気になった方は、是非一度資料をダウンロードしてみてください。

▼e-shopsカートS資料ダウンロードページ
https://cart.e-shops.jp/request/form.html

ブラウザ上でHTML/CSSを変更して表示の確認ができる小技

ホームページ制作で表示の微調整や、表示がうまく行かない時の原因を調べる時に役に立つ小技をご紹介します。

今回紹介するのはブラウザ(Chrome)に標準でついている機能ですが、これを知っていると知っていないとでは圧倒的に作業効率が違います。
自身でページを制作しているショップ様には是非とも知っていただきたい内容です。

今回使うブラウザはChromeです。
下記リンクからダウンロードできます。
Chromeのダウンロード

私の作業環境
OS:Windows XP
ブラウザ:Chrome バージョン22

(続きを読む…)

ネットショップにおけるGoogleAnalyticsの利用について

GA解析画面GoogleAnalyticsはとても多くの機能があるため、難しいとか複雑な印象を持っている方も多いと思います。筆者もわからないことだらけです(現在も未使用な機能など多数です)が、目的を決めてAnalyticsの解析画面を見てみると様々なことに気づきます。

しばらく私の記事ではネットショップ運営していくにあたって「こんなデータ見たらどうかな?」とか「この指標はチェックしたほうがよいかも。」といったことなど紹介していきたいと思います。

月に1回程度更新目指していますので、生暖かい目で見守ってもらえると幸いです。

(続きを読む…)

ネットショップのパンダアップデート対策

ネットショップを運営していく上で、検索エンジンからのアクセス流動数は大変重要な要素かと思います。

現在ではヤフージャパンの検索結果はグーグルの検索結果を利用していますので、日本のサイト検索のほどんどがグーグルを利用していると言えます。

グーグルの検索エンジン対策に役立つと思われる情報も、このブログにて公開していきますので、何かのお役に立てると幸いです。

初回のネタとしては今年の7月18日に導入された「パンダアップデート」というグーグルの検索アルゴリズムの追加機能についてご紹介します。

■関連URL

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/07/google.html

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1207/18/news028.html

 

グーグルのブログの中に下記の文言がありますが、

「他のサイトからのコピーで構成されているようなサイトの掲載順位は下がります」

ネットショップの場合、商品の説明文にメーカーの提供する文言をそのまま流用すると該当する可能性があります。

 例えば、カメラAの特徴やスペックなどの説明文を、メーカーのホームページからそのままコピーをすると順位が下る可能性があるという事になります。

 こういった可能性を回避するためには、そのまま流用するのではなく自分の言葉で書きなおすことが有効であると考えられます。(結構大変かとは思いますが)

もし7/18を境にアクセスが減っているのであれば、パンダアップデートに該当してしまったのかもしれませんので、該当するような文言があるかをチェックしてみてください。

 もちろん、グーグルも完璧ではありませんので、上記の仕様が完璧に作動する訳でもないですが、商品の紹介ページを作成する際には気にすると良いかもしれません。

 

PayPalに対応しました

e-shopsカートSがPayPalに対応しました。

申込手続きが簡単で、決済手数料が安いこともあり、以前からショップ様からの要望が多かったのですが、ようやく公開にこぎつけました。

このPayPal対応を記念して9/3~9/30までにe-shopsカートSを新規お申込いただいたショップ様に5,000円キャッシュバックのキャンペーンを実施していますので、この機会により多くのショップ様にe-shopsカートSとPayPalを検討していただけると嬉しいですね。

キャンペーン詳細はコチラ