ページ自動生成機能の基本設定について

ページ自動生成の基本設定は、自動生成されるページに共通する設定を行います。「ショップ設定」「商品設定」「カゴに入れるボタンの設定」「<head>部の出力設定」と説明を分けて、いかに案内いたします。

ショップ設定

ショップ設定では、ショップ名・キャッチコピーを設定します。

1.ページ自動生成タブ>ショップ設定タブをクリックします。

→ショップ設定項目が表示されます。

2.各値を入力し、最下部の「設定する」ボタンをクリックします。

ページ自動生成 ショップ設定 項目表
ショップ名 ページ上部のヘッダー部分に表示されるショップ名を入力します。全半角1文字以上30文字以内
PCサイトキャッチコピー PC用サイトページ上部のヘッダー部分に表示されるショップ名に入力します。全半角1000文字以内
スマートフォンサイトキャッチコピー スマートフォン用サイトページ上部のヘッダー部分に表示されるショップ名に入力します。全半角1000文字以内

→「ショップ設定を変更しました。」とメッセージが表示されます。

商品設定

出力される商品ページの在庫数表示・数量入力箇所表示・販売期間外の表示の設定する画面です。詳細について以下に案内致します。

出力される商品ページ全体で同一の設定となり、商品個別での設定はございません。

在庫管理を行わない場合の在庫欄表示文字列の設定

1.ページ自動生成タブ>商品設定タブをクリックします。

→商品設定項目が表示されます。

2.在庫設定の「在庫管理しない場合の在庫表示」欄を入力し、「設定する」ボタンをクリックします。


全半角20文字以内

→「在庫設定処理を完了しました。」とメッセージが表示されます。

商品詳細画面で在庫を表示する設定している場合に、商品の在庫設定が「在庫管理しない」の時のみ表示されます。

カゴに入れるボタンの設定

1.ページ自動生成タブ>商品設定タブをクリックします。

→商品設定項目が表示されます。

2.カゴタイプ設定を選択します。

スマホカゴは、画面遷移がほとんどなく購入完了できる「ステップゼロ式」のレスポンシブデザインとなっておりますが、クレジットカード決済を始めとするオンライン決済の接続に制限がございます。カゴタイプ変更の前に、スマホカゴのマニュアルより、詳細を必ずご確認下さい。
PCカゴは、従来からご用意のある画面構成で、5つの画面遷移を経て購入完了となるフローです。

スマホカゴは、定期購入に非対応ですので、定期購入専用商品の商品詳細ページでは、PCカゴの「カゴに入れる」ボタンだけが表示されます。

3.カゴボタン設定の「商品個数入力フォーム」欄を変更し、「設定する」ボタンをクリックします。

ページ自動生成 かごに入れるボタン設定 項目表
テキストフォーム テキストフィールド形式に数値入力となります。
プルダウン
(セレクター)
プルダウン形式の数値入力となります。プルダウンの選択肢をオプション数欄に指定ください。
1~100までを選択肢とする場合:1-100
10,20,30を選択肢とする場合:10,20,30
「カゴに入れる」ボタンでひとつだけ商品を入れる 「カゴに入れる」ボタンのみ表示され、数値指定が非表示となります。

→「カゴボタン設定登録処理を完了しました。」とメッセージが表示されます。

販売期間外商品の「カゴに入れるボタン」表示設定

1.ページ自動生成タブ>商品設定タブをクリックします。

→商品設定項目が表示されます。

2.販売期間設定の「販売期間外のボタン表示」欄を変更し、「設定する」ボタンをクリックします。

→「販売期間外の表示設定処理を完了しました。」とメッセージが表示されます。

<head>部の出力設定では、<head>・<meta contents="keywords" >・<meta contents="description" >に出力される内容のルールを設定することができます。

title、meta contents=”keywords”、meta contents=”description”の
出力ルール設定

1.ページ自動生成タブ>SEO設定タブをクリックします。

→ページ内SEOキーワード設定項目が表示されます。

2.各入力欄に値を入力し、最下部「設定する」ボタンをクリックします。

設定した値は、PC用サイト・スマートフォン用サイト全てに反映されます。

ページ自動生成 <head>内出力項目
title <title>文字列</title>タグの出力文字列
description <meta name="description" content="文字列”>の出力文字列
keyword <meta name="keywords" content="文字列”>の出力文字列

 

<head>設定箇所 一覧表
トップ画面 トップページの<head>に出力する値を入力します。
商品一覧 商品一覧、カテゴリページ、検索結果の<head>に出力する値を入力します。
商品詳細 商品詳細の<head>に出力する値を入力します。
その他 上記以外のページにて、<head>に出力する値を入力します。

→「登録処理を完了しました。」とメッセージが表示されます。

その他のタグの出力

<head></head>タグに出力する文字列を設定する方法について案内します。

1.ページ自動生成タブ>SEO設定タブをクリックします。

→<head>タグ編集項目が表示されます。

2.入力欄に値を入力し、「設定する」ボタンをクリックします。

入力した値がそのまま出力されます。ページ表示や挙動等に影響する可能性もあるため、ご注意ください。

→「設定しました。」とメッセージが表示されます。

googleAnalyticsのトラッキングコードは、
販売促進 > googleアナリティクスにて設定してください。 googleアナリティクス設定方法

ハイブリッドCMS設定

ハイブリッドCMSとは

同一独自ドメイン配下で自動生成ページ(CMS)と自作ページ(レンタルサーバ)を公開できます!

ビジネスプランやエキスパートプランでご提供しているサーバでは、ハイブリッドCMSエンジンを採用していますので、自動生成ページ(CMS)を利用しながら任意の自作ページをレンタルサーバにアップロードして公開することができます。

また、以下のハイブリッドCMS設定を行うことにより、例えば、TOPページだけ自作してレンタルサーバで公開してその他のページは自動生成ページ(CMS)を利用したり、PCサイトは自作してレンタルサーバで公開しながら、スマートフォンからのアクセスは自動生成ページに誘導するなど柔軟な設定が可能となります。

ハイブリッドCMS設定とは

ハイブリッドCMS設定では、PC/スマートフォンごとに、自動生成ページの利用を選択することができます。
自動生成ページを利用したい場合には【出力】を、自動生成ページを利用せずに自作ページ(レンタルサーバ)を利用したい場合には、【停止】をご選択ください。
(トップページの出力を停止した場合のトップページへのアクセスは、自作ページ群のindexページが表示されます。個別の出力を停止すると、端末ごとの出力が停止となります。)

自動生成ページの停止について

通常、自動生成ページが出力されていますが、その出力を停止することができます。

出力
(初期状態・出力停止の表示)
停止

トップページは、アクセスした端末を判定して端末ごとの自動生成トップページが表示されます。
トップページ以外の商品一覧ページや商品詳細ページも各端末ごとに自動生成されていて、トップページなどからのリンクにより表示がされます。
トップページ以外は、/p/以下にPC用の自動生成ページがあり、/s/以下がスマートフォン用になっています。

PC用自動生成ページ
http://example.com/p/
スマホ用自動生成ページ
http://example.com/s/

自動生成ページ「出力」の状態でも、自作ページを公開できます。
レンタルサーバにファイルをアップロードすることで、自動生成ページで利用されるアドレス※以外で自作ページが公開できます。

自作ページURL
http://example.com/information.html
http://example.com/company.html

※自動生成で利用されるアドレスは、トップページとなる”/”、各端末の”/p/”、”/s/”以下と、”/default/”以下です。
それ以外のアドレスで自作ページの公開が可能です。

自動生成ページの停止は、ページの種類(トップページ、トップ以外の個別ページ)と端末(PC/スマ―とフォン)毎に指定可能です。

自動生成ページ「停止」の状態では、自作ページのURL(公開アドレス)に制限がなくなります。

自作ページURL
http://example.com/p/price.html
http://example.com/information.html
http://example.com/company.html

自動生成トップページの停止について

PC

PC用の自動生成トップページを停止すると、PCにてショップドメインのトップにアクセスした際に、FTP領域のindexファイルが表示されます。
(PC用の自動生成トップページを出力中の場合は、自動生成されたPC用のトップページが表示されます。)

① PCのブラウザでexample.comを指定すると、表示要求が送信されます。
② 表示要求がハイブリッドCMS Engineに届きます。
③ HybirdCMSの設定にて、PC用自動生成トップページが停止となっていると、FTP領域に表示要求が行われます。
④ FTP領域(自作ページ群)に表示要求が送信されます。
⑤⑥⑦ 表示返答をPCに返し、ブラウザにてexample.comが表示されます。

PC用自動生成トップページが出力状態だと、スマートフォン用自動生成ページにPC用自動生成ページへの切替リンクが表示されますが、PC用自動生成トップページを停止すると非表示になります。

スマホ

スマホ用の自動生成トップページを停止すると、iphoneまたはAndroid端末にてショップドメインのトップにアクセスした際に、FTP領域のindexファイルが表示されます。

スマホ用自動生成トップページが出力の際に、スマートフォンでPC用自動生成ページを閲覧するとスマホ用自動生成ページへの切替リンクが表示されますが、スマホ用自動生成トップページを停止すると非表示になります。

自動生成個別ページの停止について

個別ページの停止を選択するには、同じ端末のトップページを「停止」にする必要があります。
(トップページが「出力」となっている端末では、個別ページは「出力」に固定され、「停止」の選択は行えません。)

PC

PC用自動生成ページ出力    http://example.com/p/……

自動生成個別ページ「出力」時にはPC用ページが自動生成され、FTP領域でそのアドレス(/p/以下)を利用することはできません。
自動生成個別ページ「停止」時にはPC用ページが自動生成されなくなり、FTP領域で/p/が利用できます。

スマホ

スマホ用自動生成ページ出力    http://example.com/s/……

自動生成個別ページ「出力」時には スマホ用ページが自動生成され、FTP領域でそのアドレス(/s/以下)を利用することはできません。
自動生成個別ページ「停止」時にはスマホ用ページが自動生成されなくなり、FTP領域で/s/が利用できます。

個別ページ停止時の商品掲載ページについて

自動生成ページと自作ページのどちらがシステム上の商品掲載ページとなるか、ハイブリッドCMS設定に従い決定します。

商品掲載ページとは
商品掲載ページ(商品掲載URL)は、商品のカゴに入れるボタンを設置しているページのURL情報を指し、e-shopsカートSでは商品毎に情報を指定します。自作ページにカゴに入れるボタンを設置し、商品登録画面にてそのURLを指定する必要があります。
なお、指定可能な情報はPC・スマートフォン共用URLとなります。(携帯(フィーチャーフォン)向けのサービスは 2018.12.04 に廃止されましたので、携帯用URLに情報登録しても、公開されるところはありません。)
このURL情報は以下のリンク先などで使用されています。
【URL情報の使用箇所:商品検索フォーム利用時の結果、カゴの中身画面の関連商品、会員マイページの購入履歴】

※ハイブリッドCMSが利用可能な場合、商品ごとの商品掲載ページ情報には、自動生成ページと自作ページ(任意入力のURL)の2種類が存在します。

商品登録画面の商品掲載ページ表示部分

ハイブリッドCMS設定による商品掲載ページ情報の具体例

商品掲載ページのPC・スマートフォン共用URLは、商品検索結果等をPCとスマホでクリックした際に利用されます。
ハイブリッドCMS設定によるPCとスマホでの閲覧への影響(どの商品掲載ページ情報が採用されるか)について、具体例を紹介します。

自動生成ページのURLが以下のように出力され、自作ページのURLを以下のように指定した商品を例にします。

▼自動生成ページ 商品掲載URL

PC用URL http://example.com/p/i12.html 
スマートフォン用URL   http://example.com/s/i12.html

▼自作ページ商品掲載URL

PC・スマートフォン共用URL   http://exapmle.com/syouhin003.html

ある商品をカゴに入れて上記商品が関連商品に出ていた場合、
その関連商品をクリックして表示されるページは以下のようになります。

携帯(フィーチャーフォン)向けのサービスは 2018.12.04 に廃止されましたので、携帯関連の項目に情報登録しても、公開されるところはありません。

 

PC・スマートフォンでの閲覧

ハイブリッドCMS設定
組み合わせ
表示ページ
PCクリック時
自動生成ページ(PC用URL)の表示
http://example.com/p/i12.html
スマホクリック時
自動生成ページ(スマホ用URL)の表示
http://example.com/s/i12.html
PCクリック時
自作ページ(PC・スマホ共用URL)の表示
http://example.com/syouhin003.html
スマホクリック時
自動生成ページ(スマホ用URL)の表示
http://example.com/s/i12.html
PCクリック時
自動生成ページ(PC用URL)の表示
http://example.com/p/i12.html
スマホクリック時
自作ページ(PC・スマホ共用URL)の表示
http://example.com/syouhin003.html
PCクリック時
自作ページ(PC・スマホ共用URL)の表示
http://example.com/syouhin003.html
スマホクリック時
自作ページ(PC・スマホ共用URL)の表示
http://example.com/syouhin003.html

レンタルサーバー(FTP領域)利用できないアドレス

以下のアドレスは利用できません。
/default/   /p/※3    /s/※3    
※3 個別自動生成ページ停止時は、利用可能になります。

ハイブリッドCMS設定のおすすめ設定

PCのトップページは自作ページを見せたい

PCでのトップページ閲覧に対してだけ自作ページを表示し、その他のページは自動生成ページを利用(PCのトップページは自作ページを表示し、商品一覧や商品詳細は自動生成ページを表示)する場合、以下の設定にします。

この設定では、PCでのトップページにアクセスがあるとFTP領域のindexファイルが表示されます。
(スマホでアクセスがあると、各端末用の自動生成トップページが表示されます。)
PC用自動生成個別ページが"/p/"以下に出力されているため、自作トップページから商品一覧等にリンクして利用いただけます。

PCだけ全て自作ページを見せたい

PCページは全て自作ページを表示する場合、以下のに設定にします。

この設定では、PCでのアクセスがあるとFTP領域のindexファイルが表示されます。
(スマホでアクセスがあると、各端末用の自動生成トップページが表示されます。)
PC用自動生成個別ページ出力されていないため、商品詳細や商品一覧を自作ページにて用意する必要があります。

商品詳細ページでの端末別URLを表すメタ情報の出力

ビジネスプランやエキスパートプランのページ自動生成では、PC用ページ、スマートフォン用ページをそれぞれ出力しています。 商品ページも1商品毎にPC用・スマートフォン用のページがあります。

この状態を検索エンジンに伝えるために、生成される商品詳細ページにメタ情報を出力してます。

自作ページPC・スマホ共用URLを複数商品で同一にしないようにしてください。
Google社では、PC用ページとスマートフォン用ページが1対1であることを推奨しており、一対多の関連となることは望ましくないと説明しています。e-shopsカートSでは、以下ルールに則り自動でメタタグが出力されまので、一対多とならないよう十分ご注意ください。

端末 出力情報 条件
PC用 <link rel="alternate" media="only screen and(max-width:640px)" href="同一商品の自動生成ページスマホ用URL" /> ハイブリッドCMS設定にて
スマートフォン用の個別ページが出力
<link rel="alternate" media="handheld" href="同一商品の自動生成ページ携帯用URL" /> ハイブリッドCMS設定にて
携帯用の個別ページが出力時
スマホ用 <link rel="canonical" href="同一商品の自動生成ページPC用URL" />※1
または
<link rel="canonical" href="同一商品の自作ページPC・スマホ共用URL" />※2
※1:ハイブリッドCMS設定にて
PC用個別ページが出力時
または
※2:ハイブリッドCMS設定にて
PC用個別ページが停止かつ
PC・スマホ共用URLの設定が有る
携帯用 <link rel="canonical" href="同一商品の自動生成ページPC用URL" />※3
または
<link rel="canonical" href="同一商品の自作ページPC・スマホ共用URL" />※4
※3:ハイブリッドCMS設定にて
PC用個別ページが出力時
または
※4:ハイブリッドCMS設定にて
PC用個別ページが停止かつ
PC・スマホ共用URLの設定が有る

商品詳細ページのみ出力されます。