送り状設定

受注データダウンロードにて、送り状ソフトに取り込む為のデータを出力出来ます。
ここでは、出力可能なフォーマットの事前設定を行ないます。

送り状設定 項目表
B2用データ Ver.5とver.6フォーマットの出力に対応しています。
ダウンロード時にどちらのフォーマットで出力するかを指定します。
併せて、CSVファイルの1行目に見出しを出力するか否かの選択を行い、必要に応じて請求先情報(請求先顧客コード、請求先分類コード、運賃管理番号)を入力します。
e飛伝 Ver.3.6用データの出力に対応しています。
e飛伝II 佐川急便のe飛伝II用データの出力に対応しています。
CSVファイルの1行目に見出しを出力するか否かを選択します。
利用している、配送時間帯の選択します。
e発行 日本通運提供のe-発行フォーマットの出力に対応しています。
カンガルーマジック2 西濃運輸のカンガルーマジック2フォーマットの出力に対応しています。
カンガルーマジック2のフォーマットに対応した出力には、事前に荷送人コードの入力が必要です。
ゆうパックプリントR 日本郵便のゆうパックプリントRに対応しています。
CSVファイルの1行目に見出しを出力するか否かを選択します。
e-shopsカートSから出力したデータをゆうパックプリントRに取り込む場合には、管理画面からダウンロードできる取込フィルタをご利用ください。
ダウンロードした取込フィルタは解凍せず、そのまま取込んでください。

B2Ver.6、e飛伝II、カンガルーマジック、ゆうパックプリントRでは、支払い方法が「代金引換」の際に、出力するCSVにその情報が反映されます。
その他、送り状用データは、「代金引換」のデータが反映されません。

送り状設定

1.受注管理送状設定をクリックします。

→送り状設定画面が表示されます。

2.B2用設定、カンガルーマジック用、ゆうパックプリントR用設定を編集し、「設定する」ボタンをクリックします。

→画面上部に「登録完了しました。」メッセージが表示されます。