配達日設定

本ページでは、発送休業日と配達不可日についてご説明致します。

発送休業日設定

発送業務を行わない日付や曜日を指定します。

指定した日は発送休業日となり、購入手続き画面の配送希望日の選択時に、起算日から配送希望日指定の開始日までに、発送休業日がある場合、その発送休業日分だけ、起算日がプラスされます。

  ※設定例の図解説明はコチラのFAQをご覧ください。

1.コンテンツ> 配達日設定をクリックします。

コンテンツ> 配達日設定をクリック

→「発送休業日」の設定画面が表示されます。

2.各項目を入力し、「設定する」ボタンをクリックします。

発送休業日設定画面が表示

発送休業日 項目表
発送休業日設定を有効にする 機能を有効にする場合にチェックします。
発送休業日 購入日、または購入日翌日(◯時以降は1日ずらす時)を配送起算日として、
配送起算日-1日と配送希望開始日との間に休業日がある場合、
その間にある休業日数分だけ配送希望開始日がずれます。

→「設定が完了しました。」とメッセージが表示され、設定が完了します。

定期購入の初回配送(定期購入手続き時)は、発送休業日を考慮したお届け希望日が選択可能となります。
定期購入の2回目以降配送では、発送休業日は考慮されず、定期購入設定の受注反映タイミングで受注一覧に定期購入データが反映されます。

配達不可日設定

注文者様が購入手続き画面内で商品の到着日を指定する際に、特定の日にちや曜日を指定できないようにショップ様側で制御することができます。

※「配達不可日」とは、商品の配送が行えない日(着荷が不可な日)のことを指しています。

1.コンテンツ> 配達日設定をクリックします。

コンテンツ> 配達日設定をクリック

→少し下にスクロールすると「配達不可日」の設定の画面が表示されます。

2.各項目を入力し、「設定する」ボタンをクリックします。

各項目を入力し、「設定する」ボタンをクリック

配達不可日 項目表
配達不可日設定を有効にする 機能を有効にする場合にチェックします。
配達不可日 設定した日or曜日が除外されたスケジュールが購入手続き画面に表示されます。「発送休業日」と組み合わせて設定することにより、生鮮食品等商品の発送日から配送日(着荷日)までの期間が短い場合などに有効な設定となります。

→「設定が完了しました。」とメッセージが表示され、設定が完了します。

定期購入の初回配送(定期購入手続き時)は、配達不可日を考慮したお届け希望日が選択可能となります。
定期購入の2回目以降配送では、配達不可日は考慮されず、定期購入設定の受注反映タイミングで受注一覧に定期購入データが反映されます。