オリジナルエラー画面について

Webサイトにアクセスした際、指定したアドレス(ファイル)が存在しないと「ページが見つかりません」などの表示がされますが、この表示をショップ様独自のページに切り替えることができます。

「ページが存在しない時」のオリジナルエラー画面の設置方法

「ウェブサイトとドメイン」の「ファイルマネージャー」をクリックします。

pleskファイルマネージャー

「error_docs」をクリックします。

pleskファイルマネージャー

エラー時用のページのリストが表示されますので、「not_found.html」をクリックしてください。

pleskファイルマネージャー

「テキストエディタで編集」をクリックします。

pleskテキストエディタで編集

編集画面領域でHTMLソースを編集し、「保存」をクリックしてください。

pleskテキストエディタで編集 pleskテキストエディタで編集

以上で、ページが存在しない状態でのエラー画面の変更が反映されます。

実際に、サイト内の存在しないファイルを指定すると自作のエラー画面が表示されるようになります。

pleskテキストエディタで編集