WordPressのインストール方法

WordPress Toolkitのご利用について

WordPressのインストールは、Pleskにある「WordPress Toolkit」をご利用の上、簡単に行えます。ご操作方法について以下にご案内致します。

WordPress Toolkit は、「httpdocs」直下にインストールしますとindex.html や .htaccess などのファイルを削除してしまう性質がありますので、公開済みのWebページがある場合には、必ずファイルのバックアップを取得し、 「wordpress」 等の別フォルダを作成し、そこに対してインストールしてください。また、既にWordPressがインストールされている場合には、誤ってDBの上書きはしないようにご注意下さい。

1.Pleskにログイン後ウェブサイトとドメイン>WordPressのインストールをクリックします

→Pleskにログイン後、左メニューの「WordPress」>「インストール」からも可能です。 pleskウェブサイトとドメイン

2.以下の画面にて必要事項の選択・入力をしてインストールをクリックします

WordPressをインストール WordPressインストール完了 データベース【必須入力:自動挿入された値はそのまま利用可能】
全般【任意】
インストールパス 貴店ドメイン配下のどこにインストールするかをご指定できます。ご希望のディレクトリを入力して下さい。ドメイン直下にインストールされる場合には未入力でOkです。
ウェブサイトタイトル 必要に応じて貴店サイト名を入力します。
プラグイン/テーマセット 必要に応じてご選択ください。「なし」でも構いません。
ウェブサイトの言語 必要に応じてご選択ください。
バージョン インストールするWordPressのバージョンを指定できますが、特別な理由がない限り、セキュリティの観点から最新のバージョンとすることをお勧めしております。
WordPress 管理者【必須入力:自動挿入された値はそのまま利用可能】
ユーザ名 データベースユーザ名を指定します。任意の文字列でも構いません。
パスワード データベースパスワードを指定します。任意の文字列でも構いません。「生成」を押下するとランダムに発行されたパスワードが発行されます。目のマークを押下すると●の文字列を参照できます。
メールアドレス 受信可能なメールアドレスを入力して下さい。
データベース名 データベース名を入力します。任意の文字列でも構いません。
テーブルプレフィックス テーブルプレフィックスを入力します。任意の文字列でも構いません。
データベースユーザ名 データベースユーザ名を入力します。任意の文字列でも構いません。
データベースユーザのパスワード データベースユーザのパスワードを入力します。任意の文字列でも構いません。

データベースは「データベースの作成方法」の手順で別途ご作成いただかなくても、上記情報入力で自動で作成されます。

上記画面「WordPress 管理者」にて入力したデータベースの情報は、失念されないようにして下さい。

3.インストールをクリックした後、画面が切り替わりますが、少し待ちます

WordPressをインストール中

4.インストール完了です。プラグインのインストールは必要に応じてご対応下さい。

WordPressインストール完了

5.インストールしたWordPressはPlesk>WordPressよりいつでもご参照いただけます。

WordPressインストール完了

各種画面説明

以下画面の機能は、WordPress管理画面からも行うことができるものが多数ございます。必要に応じてご活用下さい。以下画面より操作しなければいけないといった制限はございません。 WordPressToolkit画面説明
①情報とツール 一般情報やツールのご確認が可能です。「ログイン」をクリックするとWordPress管理画面のURLにアクセスでき、「セットアップ」をクリックするとWordPress管理画面にログインするための情報が参照できます。
②プラグイン インストールされているプラグインをご確認できます。「WordPressで管理」のリンク先はWordPressの管理画面となります。
③テーマ インストールされているテーマをご確認できます。「WordPressで管理」のリンク先はWordPressの管理画面となります。
④データベース データベース名、データベースユーザ名、データベースサーバのご確認が可能です。
⑤更新ボタン ご設定された各種情報を最新の情報に反映します。
⑥設定(ハンバーガー)ボタン クリックすると以下の選択が可能です。
Update Site URL
URL構成が変わる場合、押下すると便利な機能です。(ドメイン変更やディレクトリ変更などの理由からURL構成が変わる場合、インストール済みのWordPressに登録のある「WordPress アドレス (URL)」を変更後のURLに書き換える機能です。サーバ移転の際などにURL構成が変わる場合、押下しておくと、既存のWordPress管理画面にログインできなくなってしまう事態を防ぎます。)
デタッチ
WordPress管理画面とPleskのWordPressToolkitとの連携を外します。
削除
インストールしたWordPress、DBの削除が可能です。
⑦表示切替ボタン クリックすると簡易表示に変更できます。
⑧Select用のチェックボックス クリックするとチェックが入ります。「アップデート」や「削除」等を行う前に、ご選択下さい。
⑨インストール WordPressのインストールが可能です。
⑩スキャン WordPressToolkitを使用せずに、手動でインストールされたWordPressをPleskのWordPressToolkitを使用して管理することができるようになります。
⑪アップデート WordPress本体のアップデートが可能です。
⑫デタッチ WordPress管理画面とPleskのWordPressToolkitとの連携を外します。
⑬削除 インストール済みのWordPressを削除します。
⑭フィルタ 抽出条件を指定して、フィルタをかけて表示切替できます。
⑮カード カード表示に切替できます。
⑯タイル タイル表示に切替できます。
⑰リスト リスト表示に切替できます。

ディレクトリ構成について

プラグイン、テーマなどのインストールを行うと、ディレクトリ構成が以下のように変わります。Webデータは全て「httpdocs」内に格納していただいておりますので、「httpdocs」と同列にある各種フォルダは、ご編集されないようにご注意下さい。 Pleskファイルマネージャディレクトリ構成の説明はコチラ

WordPress管理画面へログインできない、サイトにアクセスできない場合

e-shopsカートSのSSL対応サーバは 「リバースプロキシ」というものを使用しております。

弊社でご提供のあるサーバにWordPressをインストール後、Webサイトの常時SSL化に伴って、WordPressでサイトアドレス (URL)を変更(http→https)されたり、301リダイレクトを実施しますと、このリバースプロキシの影響で、無限ループに陥ってしまい、「WordPress管理画面へログインできない」「WordPress構築のサイトを閲覧できない」などという状況となってしまうことがございます。

回避策として、WordPressを構成するファイル「wp-config.php」に以下の記述をコピー&ペーストして、追加していただくことで解決に至る場合がございますので、ご参考としていただければと存じます。

「wp-config.php」への追記

define('FORCE_SSL_ADMIN', true); if ( ! empty( $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] ) && $_SERVER['HTTP_X_FORWARDED_PROTO'] == 'https' ) { $_SERVER['HTTPS']='on'; }

外部ご参考ページ:管理画面でのSSL通信(リバースプロキシの使用-外部リンクページ)
https://wpdocs.osdn.jp/%E7%AE%A1%E7%90%86%E7%94%BB%E9%9D%A2%E3%81%A7%E3%81%AE_SSL_%E9%80%9A%E4%BF%A1#.E3.83.AA.E3.83.90.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.83.97.E3.83.AD.E3.82.AD.E3.82.B7.E3.81.AE.E4.BD.BF.E7.94.A8%20target=

WordPressにおけるご操作手順や「wp-config.php」の記述に関する詳細は、誠に恐れ入りますが、サポート外となります。ただ、e-shopsカートSのSSLサーバにインストールしたWordPressは、上記の記述を正確に追加していただくことで、無限ループを回避できることを確認しております。