SSLにてサイトを公開する方法

httpsから始まるURLでサイト公開し、通信を暗号化することで安全にWebページを参照できるSSL。

ドメイン毎にSSL証明書を設置して、「https」の環境にてWebサイトを公開することができます。WebサイトをSSL化することで、第三者によるデータの盗聴や改ざんを防ぐ、などの利点があります。

SSL環境にて公開中のWebサイト → 例)https://abc.com

ご利用にあたりましては「SSL証明書」の設置が必要です。プラン毎に対応方法が異なりますので以下をご確認下さい。

スタンダード、ビジネス、エキスパート、レンタルサーバのみプランをご契約の場合

スタンダード、ビジネス、エキスパート、レンタルサーバのみプラン(旧:e-shopsネットショップ開業パック、旧:e-shopsカートSビジネスプラン等)をご契約の上、e-shopsカートSのサーバをご利用の場合は、弊社スタッフによる手動の作業でSSL証明書の設置を行いますので、「SSL証明書設置希望」とお問合せフォームよりご連絡いただくだけで適応できます。

e-shopsサーバ(静岡県ネット、アッシュサーバ)ご契約の場合

e-shopsサーバ(静岡県ネット、アッシュサーバ)ご契約の上、e-shopsのサーバをご利用の場合はPleskより、下記の手順で、無料でお好きなタイミングに追加設定して、ご利用いただけます。
本機能は2018/06/18より、ご提供させていただいております。

SSL証明書の追加設定手順

SSL証明書について

  • 「Let’s Encrypt」というサービスを用いてSSL証明書を設置し、SSL化できます。
  • 「Let’s Encrypt」で取得できるのはドメイン認証(DV:Domain Validation)証明書です。
    ドメインの所有者であることを確認して発行するSSL/TLSサーバ証明書となります。
  • SSL証明書の追加設定にあたり、別途費用は発生いたしません。(無料でご提供)
  • 証明書の有効期限は自動更新され、更新に際しても別途費用・必要な作業等は発生いたしません。
  • 他社で取得されたSSL証明書のご利用も可能ですが、サポート対象外となります。他社SSL証明書をご利用の際には、自己責任でお願いいたします。(弊社では「Let’s Encrypt」を下記手順でPleskにインストールしてご利用いただくことを推奨しております。)

対応するブラウザ環境

SSL環境は、携帯(ガラケーやフィーチャーフォン)や一部の古いブラウザに非対応となります。
対応ブラウザ、動作保証環境は以下の通りです。

  • Internet Explorer 6 以上(Windows XP SP3 以上、Server 2003 SP2 以上)
  • Edge(Windows 10)
  • Google Chrome(Windows XP SP3 以上、Server 2003 SP2 以上、OS X 10.4 以上、
    Linux、Android 2.3.6 以上、iOS 3.1 以上)
  • Mozilla Firefox 2.0 以上(Windows、OS X、Linux、Android、iOS、FirefoxOS)
  • Apple Safari 4.0 以上(OS X 10.4 以上、iOS 3.1 以上)
  • Androidブラウザ(Android 2.3.6 以上)

必要な設定と手順について

  • Pleskにログインします
  • ウェブサイトとドメイン>Let'sEncryptを選択します
  • 証明書発行ページにて、以下の必要な設定をし、インストールボタンを押下します
  • メールアドレス 緊急時の通知、鍵紛失時の復旧に使用されます。
    SSL証明書の発行に必要ですので、ご連絡の取れるメールアドレスをご入力ください。
    ドメインにおよび選択された各エイリアスに「www」サブドメインを含める 「www」有りのURL形態でアクセスした時のドメインにも証明書を適用したい場合に、チェックを入れます。チェックを入れずに設定した場合は「www」なしでアクセスしたときのみSSL化されます。Webサイトの構成に合わせてご設定の有無をご判断ください。
    必須フィールド 「インストール」をクリックします。
  • 『Let's Encrypt SSL/TLS 証明書がインストールされました』と表示されます。

    上記ご設定後に、メールドレスの変更や「www」有り無しの設定についてご変更されたい場合には、
    以下の証明書発行画面をもう一度参照し、再設定していただくことで上書きされます。

  • 設定後の変更・上書きは以下の画面にて「更新」を押下していただくことで、上書きされます。

以上で設定は完了となります。

所有ドメインにアクセスし、URLの先頭部分を「https://」にして、Webサイトの表示をご確認ください。